2019.02.18【日記】

ニューリリース:トバモリー 2006-2017 11年 シグナトリー ウイスキーフープ向け #900152 64.3%

シェリー感たっぷりでした。

 

トバモリー TOBERMORY 2006-2017 11yo SIGNATORY for THE WHISKY HOOP #900152 64.3%
one of 596 bottles, 1st Fill Sherry Butt



香りは甘やかなこってりシェリー、強くアマレット、レーズンなどのドライフルーツ、カラメルソース、しっかりめのウッディネス、少し甘苦いハーブリキュール。
飲んでもしっかりとシェリー感。ドライフルーツとハーブリキュールのような甘苦さ、ウッディなタンニンもしっかり、香りよりもバランスの良い味わい。余韻も甘苦く長め。

【Good/Very Good】


シグナトリーがウイスキーフープに向けてボトリングした、トバモリー2006、ファーストフィルのシェリーバットで11年間熟成されています。

色も濃く、予想通りかなりシェリー感が強く感じられる香味でした。

同時リリースされたディーンストンと同様にシェリー樽が香味を支配していると言えそうなボトルですが、共に近年系シェリーカスクの中では良質なもので、こちらのトバモリーには深みも感じられました。

樽感にマスクされている部分もあると思いますが、スペックのわりに未熟感は感じられず、特に味わいはバランスも良く、はっきりと甘苦いシェリー感が好きな人には好まれそうな1本でした。

これも短熟ですが詰め時を見極めてボトリングされたものだと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧