2018.11.29【日記】

ニューリリース:ハイランドパーク 1999-2018 18年 ゴードン&マクファイル コニッサーズチョイス バッチ18/018 56.0%

少し清涼感のあるバーボン樽のハイランドパークでした。

 

ハイランドパーク HIGHLAND PARK 1999-2018 18yo GORDON & MACPHAIL CONNOISSEURS CHOICE BATCH 18/018 56.0%
one of 202 bottles, FIRST FILL BOURBON BARREL



香りはリッチでフルーティ、オレンジ、少し洋梨や桃、バニラとココナッツ、上質なオーク感、少し清涼感あり、時間と共にクリーム。
飲むと力強く広がる。オレンジクリームと蜂蜜のコクのある甘味、引き締めるオークのタンニン、ジンジャーエール、淡いピート、余韻まで主張が強い。

【Good/Very Good】


GMのコニッサーズチョイス、ニューラベルでリリースされたハイランドパーク1999、18年熟成のカスクストレングスです。
ハイランドパークのシングルモルトというと、オフィシャルボトルはシェリーカスク主体のものがほとんどなので、このバーボンバレルはボトラーズらしいタイプですね。

オレンジ、バニラ、ココナッツなどバーボンカスクらしい要素が強いだけでなく、淡くですが洋梨や桃っぽい熟成感を感じる要素が出ていたのが印象的で、コクはあるのにどことなくジンジャーエールのような清涼感のあるニュアンスを伴っていたのも興味深く感じました。

甘味にはコクがあり、オークのタンニンで深みも感じられ、主張は穏やかですがピートも感じられ、ファーストフィルの良いバーボンバレルらしいしっかりと各要素の味がくっきりとした輪郭をもって強く感じられるタイプでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2022年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧