2018.09.23【日記】

タムデュー 1963-1989 26年 ダッシー クリストファーカナン向け 51.5%

熟成感とボディの同居した、比類なきタムデューでした。

 

タムデュー TAMDHU 1963-1989 26yo R.W.DUTHIE for CHRISTOPHER CANNAN 51.5%


香りは心地良いオールド感、萎びた洋ナシやオレンジ、白ワインで伸ばしたクリーム、こなれたモルティ、古いヒノキ風呂のような心地良いウッディネス、奥からじわりとピート。
飲むと力強さもあるがこなれて舌に染み込むようなテクスチャー、じわじわ強まるモルティな旨味、白ブドウ、洋ナシのクリーム、フルーティでコクのある甘味、香り同様の心地良いヒノキ風呂、長く心地良い余韻。

【Very Good/Excellent】


1989年にダッシーがフランスのクリストファーカナンに向けてボトリングした伝説的なシリーズの1本、タムデュー1963です。
私も今回初めて飲みましたが、同じくダッシーの樽を詰めたサマローリに代表されるような一度飲んだら忘れられない、熟成感とボディの同居した60年代蒸留80年代ボトリングの逸品でした。

行き過ぎない熟成感のある多彩なフルーツ感には若干枯れたようなニュアンスがありましたが、クリーミーさがあり、たまにモルトに感じるフルーツクリームというよりも白ワインで伸ばしたクリームのような品のあるニュアンスとして感じられました。

また、ヒノキっぽい心地良いウッディネスもあり、奥からは古いピート感が顔を出しました。

飲んでみると香り同様の多彩なフルーツとウッディネスがあり、何よりボディとこなれたテクスチャーが同居しており、太さを残したモルティな旨味もあったのが素晴らしかったです。

上記の通り、熟成感とボディの同居した、60年代蒸留80年代ボトリングの素晴らしいタムデューでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood8
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧