ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.08.04【日記】

ニューリリース:プルトニー 2004-2018 オフィシャル モダンモルトマーケット向け #220 50.2%

今年は日本向けが2本!続いて2本目です。

 

プルトニー PULTENEY 2004-2018 OB for MODERN MALT WHISKY MARKET #220 50.2%
one of 290 bottles



香りはオレンジオイル、ワックス、蜂蜜、少しキャラメル、キツさはないがしっかりと太さのあるモルティ。
飲むと粘性がありじわじわと刺激、アプリコットジャムや蜂蜜のコクの強い甘味とオークの引き締め感、強い塩気、若干の若さはあるが旨味もあるモルティ、オイリーで長めの余韻。

【Good/Very Good】


前回のご紹介に続いて、日本の正規代理店の三陽物産向けにボトリングされたオフィシャルシングルカスのプルトニーです。

続いては2004ヴィンテージです。こちらも樽の種類の記載はありませんが、色的にはバーボン系かと思ったのですが香味的にはリフィルのシェリー樽のようです。

やはり、ハウススタイルであるオイルやワックス、蜂蜜のコク深い甘味や強い塩気がしっかりと感じられるボトルでした。
そしてその強いスタイルの奥から、シェリーカスク由来と思われるキャラメルっぽさやジャムっぽいニュアンスが強くはないものの主張してきました。

前回の2002年と比べると、度数がこちらの方が低いにもかかわらずやや若さと刺激が感じられる香味でしたが、少し時間を置くとシェリー感と一緒にこなれて一体化してくるのではないかと思います。
酒としての太さがあり、長期の瓶内変化にも開栓後変化にも耐えそうです。

現時点でも2本比べて飲むのは楽しいですし香味も決して悪くないのですが、少し時間をかけてあげたほうが真価を味わえるタイプだと思いました。

来年もぜひ日本向けのボトリングを続けてほしいと思います。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood4
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧