ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.08.02【日記】

ニューリリース:プルトニー 2002-2018 オフィシャル モダンモルトマーケット向け #722 54.2%

今年は日本向けが2本!まず1本目です。

 

プルトニー PULTENEY 2002-2018 OB for MODERN MALT WHISKY MARKET #722 54.2%
one of 171 bottles



香りはオレンジオイル、ワックス、バニラ、少しバターを塗ったトースト、しっかりめのモルティ、淡くフレッシュハーブ。
飲むと粘性があるがじわじわと刺激、柑橘と少しマールっぽさ、噛み応えも感じる旨味のあるモルティ、コクのある蜂蜜の甘味、しっかりと塩気、ボディは厚めで余韻もオイリーで長め。

【Good/Very Good】


毎年9月に行われる、三陽物産さんのモダンモルトマーケットに向けてボトリングされたオフィシャルシングルカスクのプルトニーです。
2015年にも1997ヴィンテージのものがリリースされましたが、以降は日本向けがリリースされた記憶がありません。

ハウススタイルがはっきりしており現行品も美味しい蒸留所ですので、是非日本向けをやってほしいと思っていましたが、今年は一度に2本ボトリングされました。
プルトニーの正規代理店は三陽物産さんですから、面目躍如という感じですね。

まずはこの2002ヴィンテージです。樽の種類の記載はありませんが、柑橘系のフルーティが強くバニラっぽさもあり、バーボン系の樽だと思います。

オイリーでワクシー、粘性がありコクのある蜂蜜のような甘味と塩気がしっかりと効いているという、ハウススタイルが強く感じられる1本でした。

旨味のあるモルティさもあって樽も効きすぎておらずプルトニーとして王道ですが、ちょっと独特のマールっぽさがあったのが面白かったです。

16年程度の熟成ですが、ボディが厚いわりに熟成感もそれなりにあるタイプで、アウトターンがやや少ないことと関連しているのかもしれません。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood4
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧