2018.04.08【日記】

ニューリリース:ロングモーン 1990 26年 KINKO向け 53.1%

強いバーボンカスクの樽感でした。

 

ロングモーン LONGMORN 1990 26yo KINKO 53.1%
one of 192 bottles, Barrel



香りはかなり強くバーボンのようなウッディネス、バニラ、オレンジ、少し溶剤、少しケミカルなフローラル。
飲むと意外に刺激は控えめ、香り同様のバニラやオレンジ、パイナップル、優しい甘味と心地良いタンニン、モルティさは樽の陰から主張、意外とスッキリした余韻。

【Good/Very Good, Interesting】


薩摩を代表する酒屋さんであるキンコーさんのオリジナルボトリング、ロングモーン1990、26年熟成です。

バレル表記ですのでバーボンバレルだと思いますが、想像以上にバーボン感が強く感じられ驚きました。

特に香りは第一印象で強いバニラやオレンジ、溶剤っぽさが感じられ、バーボンそのものと思うような独特さでした。

飲んでみても香り同様に強い樽感でしたが、超長熟グレーンに感じるようなトロピカルフルーツのニュアンスもあり、スペックのわりにはすっきりとした余韻だったのも印象的でした。

バーボンバレルっぽいというよりもヴァージンオークっぽいとも思える香味ですね。

シングルカスクとしてボトリングされるだけでも相当優れた樽だということは、サンプルをたくさんテイスティングして重々認識しているところですが、そうはいってもバーボンバレルの良い樽というと想像通りのことが多いのが現状です。

しかし、このボトルはいろんな意味で想像と違っていてとても楽しめました。

シングルカスクの面白さを再確認できる1本だと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2022年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧