2018.01.30【日記】

ロングモーン 1984-2013 28年 モンゴメリーズ #3213 46%

非常に興味深い仕上がりでした。

 

ロングモーン LONGMORN 1984-2013 28yo Montgomerie's #3213 46%
SHERRY WOOD



香りは華やかで心地良い、青リンゴキャンティ、キウイ、じわじわと桃など多彩なフルーツ、乾いた穏やかなモルティ。
飲んでも穏やかで多彩なフルーティ、青リンゴキャンディの甘味と良い酸味、優しく染み込むモルティとその旨味、心地良い余韻。

【Good/Very Good, Interesting】


2013年にボトリングされた、モンゴメリーズのロングモーン1984、28年熟成の46%加水ボトルです。
モンゴメリーズは最近ボトルをほとんど見ませんが、たぶん現在日本に正規の代理店が無いんだと思います。

今回のロングモーンは1984というちょっと珍しい気がするヴィンテージですが、非常にスペイサイドらしい華やかなフルーティさがありました。

ロングモーンだとわかって飲んだとしても、トロピカルフルーツがあまり感じられないものの十分にフルーティさがある70年代半ばから後半くらいのヴィンテージを予想すると思います。

ロングモーンは原酒の味が変わったと言われがちですが、加水と長期熟成、そして少しの瓶内変化があれば80年代以降でもこういう70年代っぽい仕上がりになるんだなと感じました。

これまでリリースされたものの変化や、今後のリリースにも注目していこうと思います。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood4
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧