ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.09.02【日記】

ブナハーブン 1987-2014 26年 BBR #2787 46%

華やかさと野暮ったさが同居した美味しさでした。

 

ブナハーブン BUNNNAHABHAIN 1987-2014 26yo BBR #2787 46%


香りは華やか、甘夏みかんと淡く桃、りんご、バニラ、淡くココナッツと生姜、しっかりと旨そうなモルティがあり少し素朴さがある。
飲むと穏やかな口当たりから広がる、柑橘とバニラ、コクも感じる甘味、心地良いウッディネス、優しいモルティさ、後半に独特のフェインティなエグ味があるが嫌味ではなく味を深める。

【Good/Very Good】


2014年にBBRがボトリングした加水のブナハーブン1987、26年熟成です。

バニラやココナッツなどのバーボン系の非常に華やかな樽香が効いており、甘夏みかんを思わせる柑橘感に淡い桃っぽさやりんごっぽさも伴っており、良い熟成感です。

ほどよいモルティさもあって、コクも感じました。

後半から余韻にはブナハーブンらしい独特のフェインティさやエグ味を感じるのですが、これもハウススタイルですし、加水のためか味を深めているように感じました。

1987のブナハーブンはボトラーズから結構リリースがあり、ハイレベルな印象でしたが、これも良かったです。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood5
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧