ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.08.26【日記】

ニューリリース:クライヌリッシュ 1997-2016 19年 GM エクスクスーシブ ウイスキーフープ向け #6489 55.4%

やはりバーボン系のほうがハウススタイルを感じやすいですね。

 

クライヌリッシュ CLYNELISH 1997-2016 19yo GM EXCLUSIVE for THE WHISKY HOOP #6489 55.4%
one of 257 bottles, 1st Fill American Hogshead



香りはオレンジオイル、アプリコットジャム、蜜蝋ワックス、バニラクリーム、ナッツ。
飲むとやや粘性あり、オレンジクリーム、蜂蜜のコクのある甘味、モルティな旨味、少しフェインティさもあるがオイリーで長い余韻。

【Good/Very Good】


GMがウイスキーフープ向けにボトリングしたクライヌリッシュ1997、19年熟成です。
今年の7月に頒布されました。

ウイスキーフープでクライヌリッシュを詰めるのは、前回のシェリーカスクに続いて2回目ですが、今回のものはファーストフィルアメリカンホグスです。

ファーストフィルですがバーボンカスクのニュアンスは押しつけがましくは無い程度にとどまっており、生木っぽいニュアンスは感じませんでした。

香りからは蜜蝋ワックスのようなニュアンスを感じましたし、ヌルっするほどではありませんでしたが粘性のあるテクスチャーもありました。
ちょっとフェインツっぽいニュアンスは感じましたがクライヌリッシュには伴うことが結構あるような気がしますし、嫌な要素ではありませんでした。

やはりシェリーよりもバーボン系の樽のほうがハウススタイルも感じますし、クライヌリッシュのスタイルには合っているように思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧