ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.07.25【日記】

ダルユーイン 1971-1987 16年 スコッチモルトウイスキーソサエティ 41.1 57.9%

ダルユーインの1番。深く滋味深いモルトでした。

 

ダルユーイン DAILUAINE 1971-1987 16yo THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY 41.1 57.9%


香りは心地良いオールド感、アプリコットや梅のジャム、埃っぽさ、淡くオールドマールのニュアンス、海苔、滋味深いモルティ。
飲むと滑らかな口当たりからスパイシーに芳醇に広がる、舌に染み込むようなモルトの旨味、ドライアプリコット、コクのある甘味、モルトの旨味がしっかり、深遠でうっとりする余韻。

【Very Good, Interesting】


スコッチモルトウイスキーソサエティから41番=ダルユーイン1971、1987ボトリングの16年熟成です。
1番表記ですから、ソサエティの詰めた最初のダルユーインということですね。

ソサエティらしい味付け感のない樽でこの熟成年数ですから、ボトリング当初は太い酒質と荒々しさが目立つものだったのではないかと推測します。
それがボトリング後およそ30年を経て、荒々しさがこなれてコクや旨味が染み込んでくるようなテクスチャーに変わり、フルーツ感も感じやすくなり、さらに古いマールのような独特の雰囲気を帯びたのではないかと思います。

時間を飲んでいるような錯覚に陥る滋味深い深遠な香味に、うっとりしながらいただきました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧