ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.06.13【日記】

グレンカダム 1972-2001 29年 シグナトリー サイレントスティル #7821 52.5%

非常にフルーティでハウススタイルも感じるナイスカスクでした。

 

グレンカダム GLENCADAM 1972-2001 29yo SIGNATORY VINTAGE Silent Stills #7821 52.5%
one of 298 bottles



香りは華やかでエステリー、洋ナシ、オレンジクリーム、バニラ、フルーツフレーバーティ。
飲むと穏やかな口当たりからスパイシーに広がる、香り同様のフルーツとクリーム、紅茶、コクもある甘味、奥に麦感、長い余韻。

【Very Good】


2001年にシグナトリーが閉鎖蒸留所シリーズであるサイレントスティルとしてボトリングした、グレンカダム1972、29年熟成です。
現在も操業中の蒸留所ですが、このボトルが詰められたタイミングはちょうど数年間閉鎖されていた時期だと思われます。

香りからはボトラーズの長期熟成ものに散見される、エステリーで多彩なフルーツ感が突き抜けたタイプで、同時にオレンジクリームのようないわゆるカダムのハウススタイルと言われるようなニュアンスも感じられました。

味わいも香りと同じような印象で、穏やかで度数は実際よりも感じません。

フルーティでクリーミーな香味で、洋菓子で紅茶を楽しんでいるような気持になる長熟モルトでした。


 
COMMENT(4)
この記事を評価するGood6
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

ガロアは、今のところ読み応えのある内容だと思いますよ。ウイ文研が他の発行紙をやめてガロア1本に絞ったことが功を奏している気がします。
ちなみに私はコラムを書いているのではなく、テイスターとして参加しているだけです。なので、点数をつけてコメントが短いという違いがある以外はこのブログと同じような感じです。

今年都内から相模原に引っ越してきましたが、仕事終わりに有楽町に行けないのは少々つらいですね。

私もオールドボトルは大好きですが、テイスティングするという意味では、ピークアウトしているものもあり、ボトル毎のコンディションによって香味が異なるオールドよりも、ニューリリースのテイスティングをしっかりやって記録に残して、それが未来にどうなっていくかを予測して将来的に検証するほうに魅力を感じています。
家でできる数には限りがありますし、本当は飲みに出たいんですよね。。。

酒場でお会いする機会があればお声がけください。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2017.06.14 21:50
KJMOKMO

ご返信ありがとうございます。

ご謙遜を、、、ガロアのコラムも読みたいのですが、まだ入手していないので、買うか買わないか迷っている最中です。ガロア自体は読み応えある雑誌なのでしょうか?

いまは北里大学にいらっしゃるのですかね?相模原ですか?私の教授の第2の師匠が北里の馬渕先生(2014年にハバナの皮のトライボロジーでイグノーベル賞を受賞されました)なので、どこかでつながりがあるかもしれませんね(笑)

いえ、ニューリリースはm'sテイスティングルームで宗さんから色々試飲させておりますので、むしろオールド中心で楽しく拝見しております。

わたしも初めてウイスキーを美味しいと感じたのがバランの17年です。そこからコニチョの1987?カダムやバーギーを飲んで、ウイスキーにハマっていきました☆スキャパも好きです。

いつかお会いして、じっくりお話ししてみたいです。その日を楽しみにしております(*^^*)

  • Posted byKJMOKMO
  • at2017.06.14 06:16
T.Matsuki

コメントありがとうございます。
テイスティングコメントとその考察だけの淡白なブログですので、バイブルは過大評価だと思いますが、ウイスキーを楽しんでいただく一助になっているようでしたら幸いです。

また、最近仕事が忙しくて飲みに行けておらず、ニューリリースの面白いものがご紹介できておらず申し訳ありません。

バランタイン17年がウイスキーの入り口だったということもあり、カダムとバーギーは私も大好きですよ。
いつかお会いしてお話しするのを楽しみにしております。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2017.06.14 00:19
KJMOKMO

いつも拝見させていただいております。
このブログは私のバイブルです。

好きな蒸留所がグレンカダムとグレンバーギーなので、思わずコメントをしてしまいました(笑)いつか、先生とお会いして、モルトのお話を伺えたら幸いです。

  • Posted byKJMOKMO
  • at2017.06.13 11:20

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧