2017.06.06【日記】

ロングモーン 1970-2006 36年 スペシャリティドリンクス シングルモルツオブスコットランド #28 56.1%

やはりこの系統も追い求めてしまいます。

 

ロングモーン LONGMORN 1970-2006 36yo SPECIALITY DRINKS The Single Malts of Scotland #28 56.1%
one of 255 bottles, Sherry Cask



香りは心地良いシェリーと濃厚フルーツ、プラム、パイナップル、グァバ、高級チョコレート、コニャックのランシオ。
飲むと芳醇に広がる、陶酔感のあるオールドシェリー、プラム、果汁感を残したベリージャム、ジューシーで濃い甘味と高級なウッディネスの絶妙なタンニンの渋味、長く幸せな余韻。

【Very Good】


スペシャリティドリンクス(ウイスキーエクスチェンジ)のシングルモルツオブスコットランドシリーズとして2006年にボトリングされた、ロングモーン1970、36年熟成です。

高貴な雰囲気もある昔のシェリー感と、この時期のトロピカルフルーツも含んだジューシーで濃縮感もあるフルーツ感が見事に融合したボトルで、香りには長熟コニャックのような陶酔感がありました。

香りの印象通りのフルーティな甘味が魅力的ですが、それを過熟さを感じない高貴なウッディネスの絶妙な渋味が引き立てていました。

フルーティに振れたモルトとしては私が大好きな系統で、幸せ感に浸らせていただきました。

80年代ボトリングのものも過熟感が無く素晴らしいのですが、少しオールド感が強いものが増えてきました。
今陶酔感を覚えやすいものは、このくらいの長熟でもボディが保たれていて、かつ樽がキツくでていないボトルのような気もします。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧