2017.06.03【日記】

ニューリリース:レダイグ 2005-2016 10年 シグナトリー #900151 57.3%

ちょっとえげつない感じすらある強い香味でした。

 

レダイグ LEDAIG 2005-2016 10yo SIGNATORY VINTAGE #900151 57.3%
one of 650 bottles, 1st Fill Sherry Butt



香りは若いシェリー、キャラメル、若々しい麦感、オイルとナッツ、バーベキューの肉、少し醤油、硝煙、牡蠣、強いピート。
飲むと粘性あり、キャラメルの強い甘味、引き締める渋味、コクあり、香り同様にサルファリーでミーティ、少し浮いている若い麦感と強いピート。

【Okay】


シグナトリーのカスクストレングスコレクションからレダイグ2005、10年熟成です。

ファーストフィルシェリーバットですし、メゾン向けに詰められた似たようなスペックのものに近い香味なのかと思いきや、荒々しく雑味があり、硫黄や醤油っぽさの強いタイプで、ミーティでリッチですが私は苦手なタイプでした。

ただ、こういう強引でバラバラなものが20年~30年経ってどうなるのか気になるという気持ちがあり、高額でなければあえて買って置いておこうと思っています。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood5
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧