ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.05.22【日記】

クライヌリッシュ 12年 オフィシャル WHISKYTECA EDWARD & EDWARD(ジャッコーネ)向け バイカラー 56.9%

ほどよく熟れておりかなり美味しかったです。

 

クライヌリッシュ CLYNELISH 12yo OB bicolor label for WHISKYTECA EDWARD & EDWARD 56.9%
70年代ボトリング



香りは怪しいオールド感を帯びており華やかだが力強さも残している、アプリコットジャム、紅茶、露骨過ぎない蜜蝋ワックス、オイル、淡く腐葉土っぽさもあるオールドピート。
飲むと滑らかな口当たりから芳醇に広がる、舌に染み込むような麦芽の旨味のあるテクスチャー、アプリコットジャムやマーマレードの非常に強いコクのある甘味、引き締める穏やかなオーク感、土っぽさとじわじわとオールドピート、妖艶さのある長い余韻。

【Very Good/Excellent】


エドワードジャッコーネ氏とそのバーであるウイスキーテカ向けとして、1970年代にボトリングされたクライヌリッシュ12年ハイプルーフ。
バイカラーラベルのオフィシャルボトルです。

伝説的ボトルのひとつとも言われているものですが、クライヌリッシュにヌルヌルした粘性を求めがちな自分には、かなり美味しいとは思いつつも、今までは何度飲んでもそこまで伝説的なほどにはピンとこないボトルでした。

今回のボトルは、これまで飲んだ中では瓶内でこなれた印象の出ているボトルで、持ち前の素晴らしく良いモルティさに加えてらしいワクシーさ、そして妖艶さも持ち合わせているように感じました。

ものすごいポテンシャルを持ちながらも私の好みには媚びないような気丈な印象のボトルでしたが、今回少しだけ弱みを見せてくれたような、そんな気持ちになりました。



このボトルは、銀座のゼニスさんの10周年でいただきました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧