ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2017.03.14【日記】

アバフェルディ 1978-1995 17年 ケイデンヘッド オーセンティックコレクション 57.9%

ケイデンヘッドのすっぴんアバフェルディという感じでした。

 

アバフェルディ ABERFELDY 1978-1995 17yo CADENHEAD Authentic Collection 57.9%


香りはシトラスと乾燥させた青リンゴチップス、少し若葉、素朴で強い麦感と淡く奥に蜂蜜感、プレーンなオーク。
飲むと青リンゴチップスとシトラス、少し粉っぽい凝縮感、淡く蜂蜜系のコクのある甘味、さらりと柑橘の酸味、こなれた感もある強い麦の旨味、余韻はプレーンで心地良い。

【Very Good】


ケイデンヘッドのグリーン瓶オーセンティックコレクションから1995年にボトリングされた、アバフェルディ1978、17年熟成です。

グリーンケイデンの短熟ボトルではお約束といえそうなプレーンな樽感で原酒が際立つ仕様で、やっぱりハイプルーフです。

ボトリングから20年以上経過していますがオールド感はあまりなく、フレッシュさもある柑橘と乾燥させた青リンゴ、それに素朴な麦が感じられるプレーンな香りで、らしい蜂蜜感は奥にいました。

飲んでも同様のニュアンスですが少し粉っぽい凝縮感のあるテクスチャーがあり、余韻の最後までプレーンで素朴さのある味わいでした。

この時代のアバフェルディのすっぴんの味を垣間見ることのできるボトルだと思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧