2016.12.28【日記】

グレンリベット 1961 GM セスタンテ向け 57% 80年代流通

重厚なシェリー感ですごい満足感です。

 

グレンリベット GLENLIVET 1961 GM for SESTANTE 57%
80年代流通



香りは心地良い濃厚オールドシェリー、枝付きのレーズンなどのドライフルーツ、赤いフルーツジャムの濃縮感、黒糖、熟成みりん、ややミーティでボリューム感あり、ハーブやスパイス、少し焦げた麦、レザーと腐葉土っぽいアーシーがしっかり、深みのある強めのオールドピート。
飲むと度数より滑らかでパワフルに芳醇に広がる、ねっとり濃厚なオールドシェリー、ベリー感のあるジャムや枝付きの濃縮ブドウ、それらの濃い甘味と引き締めるタンニンとハーブの渋味、ややミーティな旨み、腐葉土系のアーシー、レザー、オールドピート、フルボディ、リッチで長い余韻。

【Very Good】


GMがセスタンテ向けに80年代にボトリングしたと思われる、グレンリベット1961、フルプルーフです。


非常に濃厚なオールドシェリーのニュアンスが全体を支配していますが、テイスティングノートが長くなってしまったように、とにかく濃厚で複雑な香味です。

特にフルーツジャムや黒糖のようなねっとりと甘いニュアンスとそれを引き締めるようなレザーやハーブ、そして腐葉土のような土っぽさとオールドピートの融合が素晴らしかったです。

ほとんどの要素に濃縮感とボリュームを感じるという、近年のモルトにはなかなかない香味です。

また、このボトルに感じるミーティさはサルファリーが変化したものと思われ、恐らくボトリング当時はかなりサルファリー系統の香味があったのではないかと思われます。
これが変化した結果として、これだけ瓶内でこなれているのにあふれるように分厚くボリューミーなモルトになったのではないかと思いました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧