ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2016.01.30【日記】

近年リリース:アラン 2001-2014 12年 オフィシャル プライベートカスク Eifelboys and Whisky Club Luxembourg向け #2001/877

良いバーボンカスクのアラン,やっぱり若くても仕上がってます。

アラン ISLE OF ARRAN 2001-2014 12yo OB PRIVATE CASK for Eifelboys and Whisky Club Luxembourg #2001/877 ISLE OF ARRAN 2001-2014 12yo OB PRIVATE CASK for Eifelboys and Whisky Club Luxembourg #2001/877

アラン ISLE OF ARRAN 2001-2014 12yo OB PRIVATE CASK for Eifelboys and Whisky Club Luxembourg #2001/877 50.8%
one of 124 bottles, BOURBON BARREL



香りはオレンジとパイナップル、バニラ、ココナッツ、蜂蜜、ほどよい麦感、オーク、少しクリーム。
飲んでも香り同様のフルーツ感、オレンジとパイナップル、蜂蜜っぽいコクのある甘味、引き締めるオーク、ココナッツ、優しい余韻。

【Good/Very Good】


2014年に"Eifelboys and Whisky Club Luxembourg"というルクセンブルグの詳細不明な組織に向けてボトリングされたアラン2001,12年熟成。

12年のシングルカスクと比較的若いモルトですが,バーボンバレル熟成らしく,バニラやココナッツ,オレンジ,蜂蜜感などバーボン感がしっかり主張してくるのと同時に,バーボンカスクのアランにしばしば感じるパイナップルっぽいニュアンスも感じました。

こういうバレルで12年というのはアランにとってほど良いのか,オークのニュアンスもほど良い程度で,未熟感も無く飲み心地も良かったです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧