Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2012.08.28【テイスティング】

GLENKINCHIE 12years

アロマ:銅、醤油、絵の具。     ニューポットの香りも。     弱めだけど、フルーティさもある。     加水で新聞紙、イチゴ、赤い花。     さらに加水すると花の香りが強くなる。 フレーバー:粘土、草原。       苦味と甘味が混ざった表現しにくい味。       後味は絵の具。薄めのブラックコーヒー。       加水で甘みが出て、スーッとさわやかになる。       コーヒー牛乳のような甘味。       砂糖を入れた麦茶とも取れる。       さらに加水すると甘味は弱まり、       普通の麦茶になる。 総合評価:自分の中で、ドライなモルトの香味の      指標としているモルト。      美味しい、美味しくない云々ではなく、      テイスティングを楽しむという観点      から言えば、満足の行く味。
この記事を評価するGood1
  • チェック

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2022年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧