Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2013.06.08【日記】

Dalmore 18y (ダルモア 18年)


Dalmore 18y (ダルモア 18年)
43% 700ml

【モルトマラソン第5回試飲ボトル】

バーボン樽で14年間熟成した後、オロロソ・シェリー樽で4年間熟成させたという事です。手の込んだ熟成ですね。

ダルモアといえば、この人ですよね。「The Nose」。
http://www.youtube.com/watch?v=UmE4kyg_Vbo
ぜひ、パターソンさんの講義を受けてみたいです。

この前のウイスキーマガジンの記事にも登場していましたね(記事リンク

オーナーが変わったりして大変そうですが、頑張ってほしいです。

 
【アロマ】
ナッツ、柿の種、小麦胚芽のクラッカー(塩味)、スパイシーなスナック菓子。全体的に穀物香が強い。シェリー樽由来のフルーツ香は控えめ(黄桃)。両者のバランスは良い。
加水しても良い変化は無い。

【フレーバー】
最初の一口、ニューポットのようなエグみを感じた…。なんでだろう…。
その後もフルーティな甘味+酸味は感じられるが、エグみが少し邪魔する。
缶詰の黄桃とカカオの良い香りと、エグみ…。
加水で上記の香りが整って、ハッキリとするイメージ。

【総合評価】
この香味では値段に見合わない。


 
Share
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧