Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2013.12.14【日記】

Dufftown 1975 34y Kingsbury Finest & Rarest (ダフタウン 1975 34年 キングスバリー ファイネスト&レアレスト)


Dufftown 1975 34y Kingsbury Finest & Rarest
(ダフタウン 1975 34年 キングスバリー ファイネスト&レアレスト)

45.9% 700ml
ホグスヘッド

いつもの朝霞のBarにて。
長熟のダフタウンを飲むのはこれが2回目。以前飲んだスコシア・ロイヤルのダフタウン1978がなかなか良かったので、と期待していましたが、予想していた香味とは異なりました…。

ただ、樽の風味がかなり濃く出ていて特徴的でした。

【アロマ】
バーボン樽的なブドウのフルーティ香、バブリシャスガム(グレープ味)のトップノート。しっかり嗅ぐとフラワリーさが出てくる。

【フレーバー】
ほどよい樽の苦味と、黄桃の酸味、甘味。ガムシロップ、ミルク、布、ミシン針、シリアル。辛味が強く、飲んだ後もしばらく舌がヒリヒリ。

【総合評価】
フォアローゼズ・シングルバレルを飲んでいるかのような錯覚。かなり樽の要素が濃く出ている。熟成感は感じられず、かといってフレッシュでもない。コストパフォーマンスは悪い。

 
この記事を評価するGood

2013.08.19【日記】

Dufftown 2002-2012 G&M Connoisserurs Choice (ダフタウン 2002-2012 ゴードン&マクファイル コニサーズチョイス)


Dufftown 2002-2012 G&M  Connoisserurs Choice
(ダフタウン 2002-2012 ゴードン&マクファイル コニサーズチョイス)
46% 700ml
1stフィルバーボンバレル
【モルトマラソン第6回試飲ボトル】

際立った特徴はありませんが、なかなか好みの香味です。
素朴な印象で、昼間から飲めそうな感じです。

 
【アロマ】
梨、杏のトップノート。少し乾いている印象。ほんのりとシェリー樽由来の香り。ぶどう、紙粘土、金属、麦芽、乾燥させたイチゴ。少し雑味のあるアルコール香。後からシナモン、カカオが出てくる。

【フレーバー】
素朴な印象。甘味・酸味は弱く、渋味はほどよい。絵の具、紙のニュアンスがある。フィニッシュは辛味と樽の渋味が残る。

【総合評価】
退屈といえば退屈。ただ、シングルモルトを気楽に飲むには最適。コストパフォーマンスもよい。熟成感は乏しいが、寝かせれば化けそうな予兆を感じる。

 
Share
この記事を評価するGood

2013.04.06【日記】

Dufftown 1978 34y Glen Catrine Scotia Royal (ダフタウン 1978 34年 グレン・カトリン スコシア・ロイヤル)


Dufftown 1978 34y Glen Catrine Scotia Royal
ダフタウン 1978 34年 グレン・カトリン スコシア・ロイヤル

55.8% 700ml シェリーカスク U-D-192

朝霞の「Shot bar AYA」さんにて。

気になったのが、最近リニューアルされたグレンスコシアのオフィシャルとボトルの形が同じという事。

スコシア・ロイヤルというくらいだから、ボトリング施設も同じなのでしょうか。

【アロマ】
古めかしい、重みのある香り。落雁のような砂糖の甘みが支配的。乾いたピーチ、熟れたスイカの皮の香り。
加水でスイカがキュウリに。

【フレーバー】
革の苦みの後にハッカ系のスッキリさ。ほんのり、乾いたベーコンの燻製香。後味はブルーベリー。アルコール感は強め。
加水するとオーク感が増して、安っぽくなる。

【総合評価】
古めかしい香りと熟れた果物感が魅力的。ボトルデザインが良い。冬の寒い日に最適の重いウイスキー。


 

 
グレンスコシア 12年 700ml【RCP】

グレンスコシア 12年 700ml【RCP】
価格:3,969円(税込、送料別)

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧