Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2012.07.25【日記】

Taketsuru 12y Pure Malt(竹鶴 12年 ピュアモルト)


商品コード:u-G-108
竹鶴12年ピュアモルト
(タケツル12ネン ピュアモルト)
ニッカウヰスキー
度数:40%/容量:660ml


【アロマ】
甘い白ブドウ、少し銅、新聞紙。全体的に乾いた感じ。山中の旅館。
加水後、白ブドウがシンナーに変化。酒漬けのチェリー、よく漬かった漬け物。

【フレーバー】
樽の感じが前面に出ている。フルーティさはない。味が重いので、喉が渇いてくる。後口は牛乳の甘み。
加水後、丸くなる。口当たりの軽さが格段に向上する。

【総合評価】
甘いブドウのアロマが面白い。味は単調で重いが、加水によって丸く、軽くなる。ストレートが一番良さそうだが、1:1の水割り、お湯割りもいけそう。炭酸は合わなそう。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧