Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2013.09.27【日記】

Glenlossie 10y Frora & Fauna (グレンロッシー 10年 花と動物シリーズ)


Glenlossie 10y Frora & Fauna
(グレンロッシー 10年 花と動物シリーズ)

43% 700ml U-D-61
 
【モルトマラソン第9回使用ボトル】
 

 
【アロマ】
プラムのような、酸味と甘味のトップノート。しっかり嗅ぐと熟れた白桃、ニューポッティな金属香、ピンクの花、フルーツトマトのジャム。オークのニュアンスが感じられないくらい、フラワリーでフルーティな軽やかさ。少し革のニュアンスがあり、シェリー樽っぽさも感じる。
加水すると花の香りと金属香が強まる。
 
【フレーバー】
金属っぽい苦味を感じた後、軽やかでありながら舌にまとわりつくような甘味。鼻に抜けるのは嫌味のないオーク香。全体的に酸味は控えめ。
加水で甘味が増し、とても心地よい甘さになる。
 
【総合評価】
花と動物シリーズのイメージ通りのフルーティさ、フラワリーさが楽しめる。気軽に飲める、楽しいウイスキー。カードゥ12年オフィシャルと似たイメージ。時間とともに野暮ったくなる。加水は味が良くなるのでオススメ。


 
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧