Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2014.12.02【日記】

Glenrothes 2007-2014 7y Adelphi Selection for Three Rivers (グレンロセス 2007-2014 7年 アデルフィ セレクション スリーリバーズ向け)


Glenrothes 2007-2014 7y Adelphi Selection for Three Rivers
(グレンロセス 2007-2014 7年 アデルフィ セレクション スリーリバーズ向け)

67.2% 700ml
カスクNo.3524
324本ボトリング
カスクストレングス
ノンチル

池袋のBarにて。
驚きのコーヒーアロマでした。

【アロマ】
砂糖入りコーヒーのトップノート。カルーアのようで衝撃的。しっかり嗅ぐと、若いラムの未熟なアルコール香、畳、障子。樽感はとてもほのか。

【フレーバー】
やはり、若いラムを飲んでいるような、刺激的なアルコール風味。後味に煎餅のような焼いた穀物のニュアンス。

【総合評価】
トップノートのコーヒー風味は衝撃的。ただ、以降は度数の高さからか飲み疲れてしまう。

 
この記事を評価するGood

2013.11.06【日記】

Glenrothes 1998 (グレンロセス 1998 オフィシャル)


Glenrothes 1998
(グレンロセス 1998 オフィシャル)

43% 100ml 
U-D-42

頂きもののミニチュアボトルです。
せっかくなので、これまたミニチュアの1995(過去記事)と合わせてテイスティングしてみました。

 
【アロマ】
ゴム、新聞紙のトップノート。しっかり嗅ぐとゴムの後ろにオレンジの果皮の香りが隠れている。ほのかにゆで卵の黄身、エンジンオイル。
加水で紙臭が強まる。

【フレーバー】
甘みの少ないオレンジの果実。フルーティでいてアルコールを感じないので、とても飲みやすい。ゴム臭はほのかなレベル。後味はウッディでバーボンで感じるような、やや人工的なニュアンス。
加水は薄まるだけ。

【総合評価】
シェリー樽の重さを感じないので気楽に飲める。グレンロセス1995に比べるとライトで、よりフルーティな印象。
 グレンロセス 1998 700ml【楽ギフ_包装】

 グレンロセス 1998 700ml【楽ギフ_包装】
価格:5,250円(税込、送料別)

 グレンロセス 1995 並行品 700ml【楽ギフ_包装】

 グレンロセス 1995 並行品 700ml【楽ギフ_包装】
価格:5,980円(税込、送料別)

【終売品】グレンロセス ''91 43° 700ml

【終売品】グレンロセス '91 43° 700ml
価格:10,500円(税込、送料別)

この記事を評価するGood

2013.10.29【イベントレポート】

試飲会に参加してきました。



11月27日(日)、中野坂上にある「Highlander Inn Tokyo」さんで行われた、Iさん主催の試飲会に参加してきました。

当日のアイテムはスコッチ文化研究所が過去に売り出したオリジナルボトルのほぼ全てという豪華な内容。しかも、目玉ボトルの「ハイランドパーク 1967 37y」以外は全ておかわり可能で会費は5,000円と、とても太っ腹。

参加者の中には知っている方もいて、主催のIさんとも楽しい話ができ、大満足な一日でした。一人でテイスティングするのもいいですが、こういった会で肩肘はらずにウイスキートークを楽しむのも大変有意義ですね。とても幸せな時間を過ごしました。

この日飲んだ中では、「ハイランドパーク 1991」が良かったです。珍しいバーボン樽のハイランドパークで、香りはまさにバーボン樽香なのですが、とても甘くフルーティな味わいに驚きました。

また、「グレンロセス 2001」は珍しいポート樽“熟成”で、香りはポートワイン、味わいはオフィシャルのグレンロセスと同じ味わいがしっかりと感じられて面白かったです。

会の終了後にはカウンター席に移り、隣に座っていたこれまたウイスキー好きの方とウイスキー話に花が咲きました。ただ残念な事に…、調子に乗って飲み過ぎたせいか最後の方の記憶がスッポリ抜けてしまっています…。


モストウィー 28年

とか、


トミントール 43年

なども飲んでいたようですが、香味の記憶が全く残っていません…。
本当にもったいない…。

まぁ、それだけ楽しく飲めたんだということで納得することにします。

これで一般のコレクターの方の試飲会に参加するのは2回目。
今後も色々な方と交遊を広めて、こういった試飲会に呼んでいただけるように頑張っていこうと思います。

 
この記事を評価するGood

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧