Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2013.11.08【日記】

【美味!】Loch Lomond Peated (ロッホ・ローモンド ピーテッド)


【美味!】Loch Lomond Peated
(ロッホ・ローモンド ピーテッド)

46% 700ml

自宅近所の酒屋でなんとなく購入。
まったく期待はしていなかったのですが、若さが良い方向に出ていて、ピーティさもちょうどよく、満足できる香味でした。

少し酔っ払いながらのテイスティングなのでコメントが雑ですが、悪しからず。

 
【アロマ】
まずはニューポッティなトップノート。しっかり嗅ぐと、ニューポットの奥に革、バンドエイド、ナッツ、しっかりとしたフラワリー香。木造りのチェーン居酒屋の朝方のトイレ(木とゲロ臭)。
オーキーでニューポッティ。開き直ってる感が逆に好印象。
加水でキレイになり、墨汁のついた文鎮のような金属香。

【フレーバー】
セメントと、貝類の殻と出汁、パプリカ、ピクルスという感じの酸味・苦味。特徴的で面白い。若くて落ち着いたテキーラ?
加水で酸味が際立つが、モルティさも出てくる。

【総合評価】
アイラ以外のピーティモルトということで多少偏見の目で見ていたが、かなり特徴的で、飲んでいて楽しい。若さは良い方向に出ているし、ニューポッティさも嫌味を感じない。とても元気なモルトウイスキー。
あと、ロッホ・ローモンドはラベルがカッコいい。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧