Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2015.01.03【日記】

Speyburn 1991-2014 Gordon & Macphail Reserve for La Maison du Whisky (スペイバーン 1991-2014 ゴードン&マクファイル メゾン・ド・ウイスキー向け)


Speyburn 1991-2014 Gordon & Macphail Reserve for La Maison du Whisky
(スペイバーン 1991-2014 ゴードン&マクファイル メゾン・ド・ウイスキー向け)

46% 700ml
1991年6月25日蒸留
2014年3月瓶詰
リフィル・アメリカン・ホグスヘッド
カスクNo.2293
ボトルNo.336
ノンチル・ノンカラーリング


最近注目中のスペイバーン。
オフィシャル12年で感じた、若いスペイサイドにありがちなライトな桃のフルーティさに魅力を感じています。

今回のボトルにもそのフルーティさは感じられましたが、こなれてしまっていて、新鮮味がなかったです。

若さなりの良さというのもあるんですね。
 
【アロマ】
リンゴの皮のトップノート。しっかり嗅ぐと、リンゴの実、木の実、ほのかに麦、布。
加水で単純に。

【フレーバー】
わざとらしい桃の甘味、苦味。ほのかにフラワリー。味自体は濃い(強い)ドライなフルーティさの樽感が口に広がる。
加水しても味の濃さは変わらず、優しくなる。ミルキーさも出る。

【総合評価】
中熟のスペイバーンを初めて飲んだ。他のスペイサイドモルトに漏れず、若さなりに感じた良さ(ライトなフルーティさ)は感じられない。とことん熟成させた原酒を飲んでみたいと思った。

 
スペイバーン 10年 700ml【RCP】

スペイバーン 10年 700ml【RCP】
価格:2,754円(税込、送料別)

この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2022年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧