Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2013.09.24【日記】

Glenkinchie 1996-2011 The Distillers Edition (グレンキンチー 1996-2011 ディスティラーズ・エディション)


Glenkinchie 1996-2011 The Distillers Edition
(グレンキンチー 1996-2011 ディスティラーズ・エディション)

43% 700ml
アモンティリャード樽後熟

【モルトマラソン第9回使用ボトル】

グレンキンチーのディスティラーズ・エディションは1998年より販売が開始されたそうです。

アモンティリャード樽後熟のニュアンスはあまり感じず、オフィシャルの12年と印象は似ています。

 
【アロマ】
トップノートのシェリー樽のニュアンスはわずか。しっかり嗅ぐと絵の具、花、生木、画用紙、コンクリート。ドライな印象。後からリンゴ、シトラスの爽やかな香りが出てくる。
加水で酸が強まり、さらに退屈に。

【フレーバー】
強い甘さをまず感じた後、樽の苦味が追いかけてくる。アロマとは違ってシェリー樽のニュアンスがハッキリ分かり、心地よい甘さ。ピリピリしたアルコール感と鉛筆の香味が口に残る。
加水でミルキーになり、甘みも強まる。

【総合評価】
オフィシャルのグレンキンチーは「退屈なドライさ」がある意味で魅力だと思っていますが、このボトルもシェリー樽後熟の影響は少なめで十分退屈(笑)。気持ちが落ち着く静かな香味で、就寝前にピッタリ。
加水すると味が良くなる。


裏ラベルにはデンマーク語で、
「Farven er justeret med karamel」(カラメル調整済み)の文字が。
シェリー樽後熟というのなら、もう少し濃く調整した方が良い気が…(笑)。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2022年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧