Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2014.12.02【日記】

Glenrothes 2007-2014 7y Adelphi Selection for Three Rivers (グレンロセス 2007-2014 7年 アデルフィ セレクション スリーリバーズ向け)


Glenrothes 2007-2014 7y Adelphi Selection for Three Rivers
(グレンロセス 2007-2014 7年 アデルフィ セレクション スリーリバーズ向け)

67.2% 700ml
カスクNo.3524
324本ボトリング
カスクストレングス
ノンチル

池袋のBarにて。
驚きのコーヒーアロマでした。

【アロマ】
砂糖入りコーヒーのトップノート。カルーアのようで衝撃的。しっかり嗅ぐと、若いラムの未熟なアルコール香、畳、障子。樽感はとてもほのか。

【フレーバー】
やはり、若いラムを飲んでいるような、刺激的なアルコール風味。後味に煎餅のような焼いた穀物のニュアンス。

【総合評価】
トップノートのコーヒー風味は衝撃的。ただ、以降は度数の高さからか飲み疲れてしまう。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧