Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2013.12.22【日記】

Big Peat Christmas Edition 2013 (ビッグ・ピート クリスマス・エディション 2013)


Big Peat Christmas Edition 2013
(ビッグ・ピート クリスマス・エディション 2013)

54.9% 700ml
ブレンデッドモルト
カスクストレングス
ノンチル

いつもの朝霞のBarにて。

アードベッグ、カリラ、ボウモア、ポートエレンのヴァッテッド。ポートエレンは1982~1983年蒸留、アードベッグは16年前後の熟成年数のものが使用されているそうです。

ちなみに表ラベルの「BIG PEAT」の文字の下に「A REAL CRACKER」とあるので、クラッカーのような味という意味なのかと思ったら、「面白い人」という意味のようです。

【アロマ】
焚き火、ナッツ、アーモンドのトップノート。しっかり嗅ぐと絵の具、昆虫、畳、玉子の黄身、ドライアプリコット、新聞紙に包まれた石焼き芋の皮。

【フレーバー】
シソ、大根の葉、ニューポットのエグみ、墨汁。

【総合評価】
わかりやすいピート由来の香味。アルコール感も強すぎず、ちょうどいい。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧