Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2014.02.04【日記】

Glendronach Cask Strength Batch 3 (グレンドロナック カスクストレングス バッチ3)


Glendronach Cask Strength Batch 3
(グレンドロナック カスクストレングス バッチ3)

54.9% 700ml 
U-D-54
オロロソ樽&ペドロ・ヒメネス樽

長熟のグレンドロナックはシェリー樽の香味が強すぎてそれ以外の香味が感じ取りづらく、少し苦手なイメージを持っていました。先日飲んだオフィシャル12年(加水)やこのカスクストレングスのようなボトルは樽感の強さがちょうどよく結構好みです。

 
【アロマ】
カラメル、シナモン、ドライフルーツの”甘~い”トップノート。しっかり嗅ぐと、生木、畳、ドライフルーツのエグみ、やや未熟なアルコール香、カラメル、布。
加水で香り全体がまとまる。

【フレーバー】
甘味・苦味ともに強い。後口のフレッシュ・トマトっぽい酸味が心地よい。シェリー樽由来の単純な甘さが全体を占める。
加水しても薄まらない。

【総合評価】
現行オフィシャルの若いマッカランとイメージがだいぶ被る。大きな感動はないが、悪いところもない。良い印象の雑味を感じるが、「整えられた野暮ったさ」という感じで少し違和感。ボトル価格を考えれば、十分満足できる。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

mokke1989さん、コメントありがとうございます!

グレンドロナックは樽の香味だけでなく、原酒の良さも大きな特徴だと思いますね。

  • Posted by-
  • at2014.02.06 22:11

どうもお久しぶりです。こちらは先月私も購入しました。
昔飲んでとてもバランスの良い、コストパフォーマンスにも優れたシェリーだった印象があったもので
私はこのドロナックの中に、土っぽさを感じました。それがおっしゃられる野暮ったさという部分なのかもしれませんね。公式ティスティングでいうところのビーツってのもそういう洗練され過ぎてない部分を表現してるのかな?
シェリーとチョコレート、それにわずかな土のニュアンス、すこし単調な甘さではあるが嫌味ではなく、素直で正統派なシェリーに感じました。
色合いと香りはとてもいいですね。ドロナックは近年人気ですから、安いうちにいろいろ飲んでみたいです。

  • Posted by-
  • at2014.02.06 02:10

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2022年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧