Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2013.01.31【日記】

Aberlour 22y Raw Cask Whisky Talk 2012 Fukuoka(アベラワー 22年 ロウカスク ウイスキー・トーク 福岡 2012)


Aberlour 22y Raw Cask Whisky Talk 2012 Fukuoka
(アベラワー 22年 ロウカスク ウイスキー・トーク 福岡 2012)
54.8% 700ml リフィル・シェリー・ホグスヘッド


【モルトマラソン第1回試飲ボトル】

昨年、福岡で行われた「ウイスキー・トーク 福岡 2012」の、ブラックアダーセミナー内でボトリングが決まった、記念ボトルだそうです。
ちなみに、Whisky Worldのテイスターの山岡さんが、「セミナーで飲んだときより良くなっている」というコメントを残しています。

リフィルのシェリー樽熟成との事ですが、自分の舌が未熟で、シェリーの感じはよくわかりません…。まだまだ勉強が必要です。

ちなみに、「ウイスキー・トーク 福岡」は2013年より、イベント名を変え開催されるそうで、僕の働く会社もブース出展するようです。

 
【アロマ】
ブルーベリー。乾いた感じ。だんだん落ち着いて、土の香りが出てくる…。フォアローゼズ・シングルバレルに少し似たニュアンス。甘さとビターさが共存するチョコレート。

【フレーバー】
香りと反して、意外と爽やか。幼稚な表現だけど、バブリシャスガム(笑)。甘い香りのお香。

【総合評価】
香りが面白く複雑だが、好みではない…。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2022年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧