Tasting!Ting!Ting!

Tasting!Ting!Ting!

Barや自宅で飲んだボトルのテイスティングコメントを備忘用に記録していきます。 コメント欄は開放しています。 ウイスキーに関する事であれば、全て歓迎します。

2014.08.18【日記】

Glenugie 1980-2010 30y Dun Bheagan (グレンアギー 1980-2010 30年 ダン・ベーガン)


Glenugie 1980-2010 30y Dun Bheagan
(グレンアギー 1980-2010 30年 ダン・ベーガン)

50% 700ml
バット樽 カスクNo.5375
ボトルNo.606
ノンチル・ノンカラーリング
公式HP

毎年の事ながら夏の暑さにヤラれてしまい、ウイスキーをストレートで飲むのが億劫になっています。

それでもなんとか、いつものBarへ。
特に目当てのボトルを決めていなかったので、中身が残りわずかのボトルから、普段飲まない蒸留所のものを。

以前飲んだグレンアギーはシェリー樽の香味が強かったのですが、このボトルはほとんど感じません。劣化気味な香味が残念。開栓したての頃に飲んでみたかったです。

 
【アロマ】
熟れすぎた梨、桃缶のシロップの甘いトップノート。しっかり嗅ぐと樽由来の溶剤香、酸味の強いフルーティ香、ビスケット。

【フレーバー】
味はやや単調? スピリッツ的な酸味の後にベリー系の酸味、麦の粉っぽさが乗っかってくる。

【総合評価】
残り1ショット分のものを飲んだからか、劣化している感が。
粉っぽいテクスチャーが特徴的。加水しても良い変化は現れず…。

 
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

kentalisker

ブログ内記事検索

  • 2020年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧