日本スコットランド協会

日本スコットランド協会

NPO 日本スコットランド協会は、                                                                 日本とスコットランドの文化交流を推進し、                                                            お互いの理解を深めるために活動する会員制の団体です。

2015.08.15【日記】

バルトン祭に行ってきました。

去る8月5日は「日本近代水道の父」と呼ばれるウイリアム・バートンの116回目の命日にあたりました。8日(土)に恒例の慰霊祭がNPO日本下水文化研究会の主催で、青山墓地で行われました。
 ウイリアム・バートンWilliam. Kinninmond Burton(1856-99)
 エディンバラ出身。在日中はバルトンの呼び名で親しまれた。
  1887(明20)31才の時来日。東京帝国大学初代衛生工学教授兼内務省主任技師。
 全国23主要都市の上下水道の調査・設計に携わり、近代日本の4衛生環境の改善に多大の貢献を果たした。
当日はうす雲がかかって前日までの酷暑が一段落していました。墓石は一般墓地域にあり、主催者のご用意で、上下水道関係の方々が多く供花参拝されました。
                                                 

その後会場を九段の日本水道会館に移し、日本を代表するシャーロッキアン、田中喜芳氏が「シャーロック・ホームズはスコットランド人だった」と題してコナン・ドイルとウィリアム・バートンとの親交、ホームズ物語に登場するウィリアムの父親、ジョン・ヒル・バートンなど興味深いエピソードが紹介されました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

日本スコットランド協会

ブログ内記事検索

  • 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧