来夢来人(いのたかBAR&なんでも日記)

BARについて、WINE&音楽&その他なんでも備忘録です BARではモルト中心。シエリー樽で寝かしたウイスキーを好む。 しかし、ウイスキーの名前がわからずバーテンダー任せです カクテルも大好き!飲みすぎに注意してますが・・・ ついつい飲みすぎてしまいます。

2010.05.08【日記】

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール[2007]ジャン・フルニエ





http://item.rakuten.co.jp/shonan/966091/
湘南ワインセラー
まず驚いたのは、香りがぶわっと開いて、味わいは一口目から、ジューシーで甘い果実が楽しめます!葡萄のエキスがたっぷりで、自然な甘さとピュアさを持っています。普段飲み用のブルゴーニュをお探しの方に凄くオススメです!!すご~く美味しい~~です♪

素晴らしいブルゴーニュ・ピノ・ノワールのご紹介です!!

インポータさんからサンプルを送ってもらったのですが

「あまり知らないドメーヌだし・・・・。」

と、正直言って、あまり期待せずに飲んだ2007年の【ジャン・フル
ニエ】!!

2,000円前半のブルゴーニュ・ルージュとしては抜群の味わいでした!

まず驚いたのは、香りがぶわっと開いて、味わいは一口目から、ジューシ
ーで甘い果実が楽しめます!

葡萄のエキスがたっぷりで、自然な甘さとピュアさを持っています。

普段飲み用のブルゴーニュをお探しの方に凄くオススメです!!

すご~く美味しい~~です♪

ドメーヌ・ジャン・フルニエの名が文献的に確認できるのは、ルイ13
世(1610年~643年ぐらい)当時に、栽培家として記録があるそ
うです。

現在は、ローラン・フルニエが栽培から醸造を全て管理していますが、
ローランは、実直で才気溢れる青年です。

海外で学んだ経験を持つローラン氏が目指すのは原点回帰、ブルゴーニ
ュ古来の自然な栽培・醸造法。1993年よりリュット・レゾネを行っ
ていた畑にビオロジーを導入、少しづつ広げ現在は100%ビオロジッ
クへ転換。

「アシェット」「ゴー・ミヨ」「ベタンヌ・ドゥソーヴ」などのメディ
ア掲載も多く、若手醸造家の間でも人望が厚く今後が楽しみな新世代醸
造家です。
2,200円
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.04.22【日記】

エストラテゴ・レアルNVドミニオ・デ・エグーレン

エストラテゴ・レアルNV
ドミニオ・デ・エグーレン




コストパフォーマンスいいですね。
濃いーワインです。

http://item.rakuten.co.jp/wine-takamura/949549/#949549
そのワインとは、彗星のように出現、スペイン国内ワイン専門誌『vins gastronomie』にて、

あのスペインの至宝
ウニコより高い評価を獲得!

一躍スターダムに上り詰め、その輝きの衰えを見せない、ヌマンシアを手掛けた、醸造家マルコス・エグーレン氏の手掛ける、お手頃ワインが、この、「エストラテゴ・レアル」なのです!

上のパーカー氏の評価は、このワインの別名(アメリカでリリースされている名前)「プロトコロ」に、今までに送ったコメントですが、格付けを変えて出すため、キュベ名は違うものの、実際は「エストラテゴ・レアル」と全く同じキュベだという事は、ワイナリーからもコメントされているとか。

スペイン国内では「エストラテゴ・レアル」でリリースしているそうです。

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.04.17【日記】

[2007]ディヴィッド・クラーク





http://item.rakuten.co.jp/shonan/967316/

ブルゴーニュ愛飲家なら見逃せない新星ドメーヌ!!
ディヴィッド・クラークが当店初登場です!!!

ブルゴーニュ愛飲家なら見逃せない新星ドメーヌ【ディヴィッド・クラ
ーク】が当店初登場です!!!!

元F1ウィリアムズのエンジニア」とか「ジュルジュ・ルーミエから畑
を購入と話題は尽きないが、そういうことはどうでもよく、なにせワイ
ンがいい。。。

と、リアルワインガイド28号に掲載され高得点の付いた07年!!

クリストフ・ルーミエからシャンボール・ミュジニーのAu Pelsonとモ
レ・サン・ドニのLes Porrouxの区画を購入。Au Pelsonにはピノ・ノ
ワールとガメイ(1981年植樹)が植えられており、それぞれ、ブルゴ
ーニュ・ルージュとパストゥグランに用いられます。

ワインジャーナリストのジャンシス・ロビンソンは、英フィナンシャル
・タイムズ紙上にて【ディヴィッド・クラーク】を、DRC、アルマン・
ルソー、ジョルジュ・ルーミエ、ヴォギュエに続き「素晴らしいブルゴ
ーニュの赤を生み出す造り手」と紹介!!!

ジャンシスの記事には、念入りすぎるほど細やかなデイヴィッドの畑で
の作業をルーミエが高く評価しているのだそうです。


そして、驚くべき低収量を行い、パストゥグランでさえ、ヘクタール当
たりの収量が22hlのみ!!!驚異的です!!!

日本への入荷も数ケースのみだったため完全に割当制で、インポーター
さんの在庫もすでに完売となっております!!

【ディヴィッド・クラーク】ぜひ一度飲んでみてください!!

■ドメーヌについて補足
本拠地はブルゴーニュ、モレ・サン・ドニ村。所有する畑はあわせて
2ヘクタール分で、ヴォーヌ・ロマネ、モレ・サン・ドニ、シャンボー
ル・ミュジニィ、ブロション、そしてフラジー・エシェゾー。

2006年にエコセールの認定を受けており、オーガニックなワインづくり
を目指している。畑を耕す時のみトラクターあるいは馬をいれるが、そ
れ以外では重量のあるものを畑にいれない。収穫も手摘みで行う。
2,680円
ピノ・ノワール60%、ガメイ40%
収量:22hl/ha、生産本数:2255本、新樽不使用、使用済の樽8樽で18カ月間熟成。ノンフィルター。

「熟してフレッシュで愛らしい。格別に複雑な香りはおいしく肉厚で魅惑的。非常に印象的なパストゥグラン。おすすめである」BYアラン・メドー

【リアルワインガイド28号】今86点 ポテンシャル86+点品良くきれいで落ち着きのある香り。ともかく07年というヴィンテージのパスグラのレベルではない。味と液体はともかく優しく、美しく、極めてナチュラル。ただし味つきは07年的でやや弱さもある。しかしこれはパスグラだ。この品位には少し驚く。デビューしてまだ4回目のヴィンテージとは恐れ入る。チャーミングでいて落ち着いた赤果実の風味にほんのり大地の風味もある良く出来たもの。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.04.14【日記】

[2001]クルティエ・セレクション




「天・地・人」の仲田さんが、また素晴らしい仕事をしてくれました!!

ワインファンにはたまらない極上のバックヴィンテージを素晴らしいお
手ごろ価格で探し責任を持ってセレクトした「クルティエ・セレクション」。

クルティエとは<仲買人>という意味で、ブルゴーニュの有力クルティエ
達と、仲田さんおよび日本のインポーターさんがタイアップし、彼らが見
つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”
(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお
届けするものです。

クルティエは、ブルゴーニュには公式登録者で約70人、それぞれの“縄
張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者
からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。

腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味い
ものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝
負の世界だそうです。

彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物!!

ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。

第一弾として、入荷しましたサヴィニ・レ・ボーヌ、ムルソーのバックヴ
ィンテージも驚くほどのコストパフォーマンスです!

2005年をはじめとするブルゴーニュワインの価格高騰の中、昔はこん
なにお手頃価格だったなあ。。。としみじみ思える良心的な価格となって
おります!

是非、お早めにお買い求め下さい。

◆クルティエ・セレクションの詳細
「クルティエ・セレクション」は、本当に良いものを厳選して日本に紹
介するものです。「安かろう不味かろう」なワインは、まずクルティエ
達が紹介しませんし、仮に、日本人の味覚に合わないことをクルティエ
達が分からずに紹介したものは、仲田さんとインポーターさんが弾いた
そうです。

生産者の名前は、非公開です。それなりに有名な生産者も多く、生産
者名を出さないことが買い付けの条件になっていることがほとんどだそ
うです。まさに掘り出し物のブルゴーニュです!
1,980円
品 種  ピノ・ノワール 100%
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.04.10【日記】

ブルゴーニュ・ルージュ[1999]クルティエ・セレクション





http://item.rakuten.co.jp/shonan/961615/

「天・地・人」の仲田さんが、また素晴らしい仕事をしてくれました!!

ワインファンにはたまらない極上のバックヴィンテージを素晴らしいお
手ごろ価格で探し責任を持ってセレクトした「クルティエ・セレクション」。

クルティエとは<仲買人>という意味で、ブルゴーニュの有力クルティエ
達と、仲田さんおよび日本のインポーターさんがタイアップし、彼らが見
つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”
(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお
届けするものです。

クルティエは、ブルゴーニュには公式登録者で約70人、それぞれの“縄
張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者
からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。

腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味い
ものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝
負の世界だそうです。

彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物!!

ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。

第一弾として、入荷しましたサヴィニ・レ・ボーヌ、ムルソーのバックヴ
ィンテージも驚くほどのコストパフォーマンスです!

2005年をはじめとするブルゴーニュワインの価格高騰の中、昔はこん
なにお手頃価格だったなあ。。。としみじみ思える良心的な価格となって
おります!

是非、お早めにお買い求め下さい。

◆クルティエ・セレクションの詳細
「クルティエ・セレクション」は、本当に良いものを厳選して日本に紹
介するものです。「安かろう不味かろう」なワインは、まずクルティエ
達が紹介しませんし、仮に、日本人の味覚に合わないことをクルティエ
達が分からずに紹介したものは、仲田さんとインポーターさんが弾いた
そうです。

生産者の名前は、非公開です。それなりに有名な生産者も多く、生産
者名を出さないことが買い付けの条件になっていることがほとんどだそ
うです。まさに掘り出し物のブルゴーニュです!
特別価格 2,080円 (税込 2,184 円)
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.04.09【日記】

ブルゴーニュ・ルージュ[2007]ルイ・シュニュ





ブルゴーニュ・ルージュ[2007]ルイ・シュニュ
http://item.rakuten.co.jp/shonan/899021/
新しい時代のブルゴーニュ!!繊細&エレガント系!!
最近、現地フランスのみならず、日本のブルゴーニュ愛飲家やプロのソムリエの間でも、じわりじわりと、浸透し、人気を呼んでいる、ドミニク・ガロワ、トラペ、セシル・トランブレーなどの造り手同様、喉越しが滑らかで“気が付けば1本空けてしまう”そんな“エレガント系”のドメーヌです!!

”新ブルゴーニュ”に掲載され火がついたサヴィニ!!
淡く繊細でチャミングな味わいが日本人にピッタリ!!

黄金期のハリウッドの女優を思わせる妹キャロリーヌと、フレンチ・
セクシーな姉ジュリエットが造る新ブルゴーニュ!!

福袋にはいっていた「ルイ・シュニュ」が美味しかったので、単品で販
売しますか(?)というお問い合わせがあり、今後も大ブレークの予感
です。

「私たちが毎晩食事と一緒にゴクゴク飲みたい、おいしいワインを造り
たいの!娘もワインも、どっちも可愛い」と語る姉妹。

1917年、サヴィニー・レ・ボーヌに創業。以来ワインのほとんどは
ヴァンサン・ジラルダンやルイ・ジャドなどのネゴシアンに販売してい
ましたが、2000年頃に娘のキャロリーヌ・シュニュがドメーヌを継
承してから、自社ビン詰めに本格的に取り組むようになりました。

合計9ヘクタールの畑を所有し。、ピノ・ノワールはすべてヴィエイユ
・ヴィーニュ(古樹)です。リュット・レゾネを誠実に実践し赤は、ノ
ン・フィルターなど、ピュアで豊満な果実味をそのままワインの味に昇
華させることにこだわっています。

ワインは、ビン詰めして間もないこともあり、ほとんどがフランスのワ
インファンにダイレクトに販売されています。

この姉妹こそ、劇的に変わりつつある今日のブルゴーニュを象徴する新
世代。彼女たちは最たる例ですが、少なくとも今日のブルゴーニュでは、
「女性醸造家=可憐でピュアな粉雪ワイン」が成り立つことは間違いな
さそうです。



サヴィニー村、アロース・コルトン村、ショレ・レ・ボーヌ村に囲まれたACブルゴーニュの区画とサヴィニー村内ACオート・コート・ド・ボーヌ区画のレ・シュヴリエールとレ・ペリエールの格落ちもののブレンド。(約20%がACブルゴーニュで、約8%がACオート・コート・ド・ボーヌの格落ちもののブレンドになります。)

生産量が少なく2005年ヴィンテージまで昔から取引のあるパリのレストランに独占販売していましたが2006年ヴィンテージから日本にも出荷可能となりました。

【リアルワインガイド23号】86+点(2006年ヴィンテージの評価)フニャ~~っと癒される赤黒果実は甘い梅の香り、そして少しの土。甘酸っぱく、ただ単に甘いワインが少なくない06年においてキチンと酸がある。ともかく滑らかで、きれいで、液体は薄いけどキュートでじんわりとした美味しさがある。癒されまくりだ。ところで先回もビン詰め済みのものを試飲しているが、印象、評価は変わらず。やはりいいワインだ。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.03.26【日記】

ドメーヌ・マビィ”バロック”赤

値段1,480 円

http://www.v-yamazaki.net/shop.cgi?mode=goods&cate=1203&code=F50-16

【赤ワイン】

ドメーヌ・マビィは1944年から続く南フランス、コート・デュ・ローヌの蔵元。アヴィニョンから北のタヴェルに60haの畑を所有します。タヴェル、リラック、コート・デュ・ローヌと、3つアペラシオンで多彩なワインを造り続け、現在3代目となるリシャール・マビィ氏が手腕を振るいます。以前はギガルと同等の評価を得ており、リシャールさんは2005年から経営を任されて以降、さらに品質の向上に成功し、多大な評価を得ています!ドメーヌ・マビィの農法は完全有機栽培。2009年から正式な「ビオロジック(=オーガニック)」の認証を獲得予定。畑は大きな石の転がる畑が独特の果実の熟成感や凝縮感を生み出します。除草剤、殺虫剤は一切使用しないこだわりを持ちます。畑にはフェロモン剤が入ったカプセルが花綱状につけられており、カプセルから放たれるにおいは、非常に有害な昆虫であるハマガキの雄を完全に混乱させ、肝心な時に雌に出会えないようにします。このワインは気軽に飲めるワインをという希望に応えて造ってくれました。滑らかな口当たりとほどよい渋みが特徴。かしこまって飲むワインではありませんが、いつでもどんなシチュエーションでも楽しめる万能な1本です。

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.03.25【日記】

グランダール・デュ・サンジャン 2006

http://www.v-yamazaki.net/shop.cgi?mode=goods&cate=1403&code=F12-0106

値段1,980 円

BSジャパン大人の習い事
「斉藤研一のワイン入門」で紹介されました!!

蔵元紹介
【カープ・サンジャン】
ボルドー地方・メドック北方のメドック地域の農業協同組合が「ユニ・メドック」。約300軒の契約農家に細かく栽培指導を行い、天気や状況によってその都度コンサルタントが指示をだすなど、徹底した管理が行なわれた上での良質育成されたぶどうのみを購入し醸造しています。ユニ・メドックが持つ5つの醸造所の中で、最も重要なポジションを占め最新設備の醸造施設を兼ね備える醸造所が「カーヴ・サンジャン」。そこでワイン造りをするのは、エノローグの総責任者ローラン・ヴァッシェさんを中心としたボルドー大学を卒業した優秀な醸造家たちと、勉強熱心なマネージャーを中心にしたスタッフたちです。ヴァッシェさんは「我々は長い間、グランヴァンを造る他のメドックの名前に隠れてきた。しかし良いこともある。彼らのおかげで少なくともメドックの名前は広く知ってもらえたからだ。でも、我々はメドックの名に頼ることなく、グランヴァンに負けないワインを造っていきたい。」と語ります。サイト(醸造所に隣接するショップ)でのケース販売で大半が売れてしまうということですが、シャトー・ムートン・ロートシルトのスタッフが、このワインのファンというエピソードもあるほど。

http://www.v-yamazaki.co.jp/fr_report200706/saintjean.html
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

2010.03.24【日記】

ブルゴーニュ パストゥーグラン2007

値段もお手ごろなので購入

http://www.v-yamazaki.net/shop.cgi?mode=goods&cate=1508&code=F48-6507

値段2,500 円

これがパストゥーグラン!?たっぷりの果実味が最高のバリューで!!
「パストゥーグラン」とは通常1/3以上のピノノワールを必要とするワインですが、これはなんと70%も使用!!こんなにも色合いが濃くて果実味もしっかりした味わい。ブルゴーニュ・ファンにはたまらなく嬉しい1本です!!


COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood

プロフィール

いのたか

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧