来夢来人(いのたかBAR&なんでも日記)

BARについて、WINE&音楽&その他なんでも備忘録です BARではモルト中心。シエリー樽で寝かしたウイスキーを好む。 しかし、ウイスキーの名前がわからずバーテンダー任せです カクテルも大好き!飲みすぎに注意してますが・・・ ついつい飲みすぎてしまいます。

2009.10.23【日記】

年内で活動休止…絢香「紅白」花道プラン

残念だなー
早く良くなって復帰してほしいな。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/sponichi-kfuln20091013006002/1.htm
2009年10月13日(火)1時25分配信 スポニチ

年内で歌手活動を休止するシンガー・ソングライターの絢香(21)が、
大みそかのNHK「第60回紅白歌合戦」(12月31日午後7・15~11・45)を
ラストステージにする方向で検討していることが12日、分かった。
番組関係者は「現在交渉中」と認めている。
絢香側は休業の要因であるバセドー病による体調をみながら決断する意向。
NHKでは紅白60年史に残る感動の演出を用意する。

 今年4月、俳優水嶋ヒロ(25)との電撃的な結婚報告会見で飛び出した休業宣言。
最後を飾る舞台はデビューから3年連続で出場している紅白になりそうだ。

 番組関係者は「現在交渉中」と明言。
今年の紅白のテーマ「歌の力∞無限大」を伝えるためには「ぜひとも必要なアーティスト」としている。

 というのも、今年の第60回大会は07年から続けてきた
「歌力(うたぢから)」というコンセプトの集大成。
番組関係者は「出場者それぞれにとって歌がどういう存在なのか、しっかり掘り下げて紹介したい」と話しており、
21歳の若さでバセドー病(自律神経の調節や新陳代謝を活発にする
働きの甲状腺ホルモンの障害)の治療に専念するため休業を決断した絢香のドラマは、視聴者の胸を打つのは必至だ。

 事実、先月23日に発売したベスト盤「ayaka’s History 2006―2009」は
デビュー以来初めてオリコンチャート2週連続首位を獲得。
出荷は80万枚を超え、今年の女性歌手の作品でNo・1の売り上げを記録している。

 絢香サイドも出場には前向き。
ただ、甲状腺ホルモンの数値が不安定なため「体調をみながら決断するほかない」(関係者)のが実情。
8月にはバセドー病の悪化で音楽イベントを急きょキャンセルしている。

 1年を締めくくる国民的番組の「紅白」は多くのラストドラマを演出してきた。
最初は57年(第8回)で当時のトップスター、小畑実(当時34)が涙を流しながら歌って引退。
84年には引退する都はるみ(同36)が紅組のトリで登場し、観客のアンコールで2曲歌う劇的な演出があった。
97年の安室奈美恵(同20)は産休前のラストステージを紅組トリで飾った。

 歌唱曲は最後のシングル「みんな空の下」が有力。
愛する人との深いつながりを歌った内容は「生きる力」に満ちあふれ、ラストを飾るのにふさわしいだけでなく、
今年の紅白のテーマにも通じる歌といえそうだ。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 音楽
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

いのたか

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧