洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2020.07.08【日記】

ザ・ダブリナー ビアカスクセレクション

アイルランド ダブリンにはその昔よりジェイムソン蒸留所がありましたが、

2015年にティーリング蒸留所が作られ、2018年より新しくティーリングウィスキーが

リリースされてます ティーリングもすでにアイリッシュウィスキーとしてはシングルポット

ウィスキーで有名です

そして、2019年には三番目の蒸留所がオープンしました それが、ダブリナー蒸留所です

で、ウィスキーって3年と1日以上熟成させないとウィスキーと呼べない だったら、2019年

だと、2012年ですよね ここは以前より、他の蒸留所の原酒を購入し、自社で熟成させ

ダブリナーブランドとしてリリースしてきました

これって、アイリッシュに限らず合法的に認められた製造方法なんです

これが、ようやく自分の蒸留所で作ったウィスキーがリリースすることができるようになりました

今回のビアカスクシリーズはそういうわけで、以前同様他の蒸留所原酒を使ったウィスキーです

けれど、どれも美味しく仕上がってますよ

アイリッシュレッドエール
 

3年以上バーボン樽で熟成し、その後、アイルランドで著名なビール会社であるファイブランプスブリュワリーのアイリッシュレッドエール樽でさらに最低6か月熟成されます。口に含むと焦がした木の香り、モルト、柑橘の果皮の様な香りが広がります。ドライで焦がした穀物の様な香りで長い後味が特徴です。(メーカーサイトより)

1shot ¥1300
takeout ¥1000(瓶代、税別)
アイリッシュスタウト
 

3年以上バーボン樽で熟成し、その後、アイルランドで著名なビール会社であるカーロウにあるオハラズブリュワリーのアイリッシュスタウト樽でさらに最低6か月熟成されます。フルーティーなニュアンスがあり、ラズベリー、ミルクチョコレート、オレンジの皮の様な香り。フィニッシュはシナモンを感じられます(メーカーサイトより)


1shot ¥1300
takeout ¥1000(瓶代、税別)


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧