洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2019.12.05【日記】

秩父へつながった東亜酒造 現在のカルガモを捕獲しました

その昔、東亜酒造第2代目社長が、ベンチャーウィスキーの肥土社長のお父様であったことは
有名な話で、相当時会社更生法適用時に、廃棄寸前のウィスキー原酒を守りながら、現在の秩父
蒸留所に至ってます。

これはその当時のものではありませんが、その後の現在の東亜酒造からリリースされている
KARUGAMOというウィスキーです。

ほんのりとスモーキーフレーバーがたつ、ほんのり甘さがありながら、フィニッシュは切れ上がるクリアなウィスキーです




1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2020年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧