洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2021.01.11【日記】

時短は続くよどこまでも・・・涙

1月11日で終わる予定の時短営業でしたが、関東圏の緊急事態宣言に伴い

大阪府も一旦13日まで今まで通りの時短要請(21時で閉店)し、14日からは緊急事態宣言と

同様の要請により、20時までの営業(酒類の提供は19時まで)と厳しいかたちになります

いつまで続くのでしょうか? しかし、ここは分別ある行動と辛抱しかありません

お客様には、ぜひ、バーとの付き合い方を考えていただければと思います

少し前までは、バーというのは食事前にアペリティフなお酒を楽しんで、それからお食事に行かれたら

そのあとは、時間の許す限りバーで食後酒を楽しんでいただいたものです

最近は、バーもお客様の取り込みに積極的で食事もできる店が増えました 

でも、基本オーセンティックバーは食事はありません(多少のオードブルはご用意してますが)

みなさまも、お仕事忙しくてなかなか定時に退社も難しいとは存じますが、早い時間帯でのバーを

楽しんでいただければ幸いです

では、ざんねんですが、緊急事態宣言下 粛々と営業は続けてまいりますので、ぜひのご来店を

お待ちしております・・・
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood4

2021.01.09【日記】

11日成人式の日

通常でしたら、祝日は営業いたしますが、このコロナ禍でもありますので

11日は休業させていただきます。 10日(日)と合わせまして2連休となります

なにとぞ、よろしくお願いします

どうやら12日からは緊急事態宣言を受け入れる見込みのようです

そうなりますと、東京と同様に現在21時までの営業時間は20時となるのでしょうか

とほほです 17時から開店しても3時間でおしまいとはね・・・

正式な発表を待つ事にしましょう・・・

では、正しい感染対策をして日常生活を楽しみましょう!

心まで萎縮したらあきません
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2020.12.26【日記】

時短要請の延長の延長の延長なのだ〜(バカボン)

12月11日までの要請が15日までになり、そして29日になり、そして来年1月11日までに

再・再・再延長になりました・・・(いつまでつづくんだろう)

みなさまにおかれましても、お気をつけてたまにはご来店お待ちしております

ふぅ
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood1

2020.12.24【日記】

ウィ文研さんより カーチェス協力のお礼が来たよ

毎年、Whisky Galoreのカーチェス企画協力してましたが、今年はそのお礼品が届きました

土屋氏のオリジナルブレンドウィスキーだそうです

ともあれありがたく頂戴いたしますね

タイトルはLASTING(継続)という意味です 意味深だなぁ・・・


COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2020.12.23【日記】

令和2年年末年始の営業ご案内

今年もあと少しに迫りました

ほんとうにええとこなしの1年でした

明けない夜はありません 近い日にコロナが収束して元の生活が戻ってきますように

本年年末、年始の営業ご案内です なにとぞよろしくお願いいたします

みなさまにおかれましても、大過なくお過ごしくださいませ



 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood

2020.12.22【日記】

南アフリカからカペリティフ入荷です

カペリティフはヨーロッパのベルモットを参考に作られた、南アフリカ独自のリキュールです。capeとaperitifをかけてカペリティフと呼ばれてます。capeとは1900年代に南アフリカ連邦成立時に南西半約60%を占めた州の名から来てます

19世紀ゴールド・ラッシュ、ダイヤモンド・ラッシュの時代、富を得た人に好まれますが戦争などが原因でレシピ、製品ともに失われてしまいました

その後もレシピが無くなった事から長い間生産が行われておりませんが、100年くらい経った2014年
今の生産者である、アディ・バーデンホーストが当時のレシピを毎回試しながら作られております。

今回のはNo.9 ですが、どれ一つ取っても同じレシピがないのもとてもユニークです

ともあれ、シュナン・ブランを主体にフィンボスなど43種に渡る南アフリカ独自の植物を用いて作られる
南アフリカ産のベルモット とても複雑な香りと味わいをもっております

個人的にはカクテルベースと使うより、ストレート、ロック、少々のソーダ割りで楽しんでもらえたら
いいなぁ そうそう、寒い日にはお湯割なんかもホカホカしてきますよ


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.12.20【日記】

安積ファースト ピーテッド 入荷です

安積蒸留所の樽共同オーナー向けの発売品

安積ファースト ピーテッド入荷しました

これは以前より200mlのニューポット(ノンピート、ピーテッド)を試していましたが

ようやく3年を経て、ウィスキーが手元に来ました

私個人参加のオーナー樽は2018年でしたから、たぶん来年くらいにはピーテッド、ノンピーテッドの

ものが1本づつ来る予定です(これまた楽しみですね)

今回は先行して詰められたものでしょう

50ppmはラフロイグやアードベック相当です

3年という若さはピーテッドウィスキーにおいてはフレッシュなアタックという風に前向きに

感じられます 少々ビター感もありしっかりとスモーキーさはピーテッドウィスキー好きには

たまりません(若いアイラ好きが増えてきました)







これは私が参加した樽ですね 多分来年樽払いするはず・・・



福島は寒かった・・・ 風も強いです
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.12.20【日記】

静岡ウィスキープロローグK 無事着荷です

スタイリッシュな静岡蒸留所より、初のシグネチャーウィスキーが出ました

静岡ウィスキープロローグKでは Kのイニシャルが意味する、軽井沢蒸留所より移設した蒸留機を

使い、贅沢に50%を超える国産大麦 ファーストフィルバーボンバレルで熟成したもの

香りは甘く熟成したメロン様 口に含むとファーストフィルバーボンバレルの力強い甘さが

口いっぱいに広がります 若さを感じない長めのフィニッシュ オンザロックでも楽しめそうです

パッケージデザインもおしゃれですね あと、珍しくスクリューキャップなんです

個人的にはスクリューは耐候性も強く、ブショネも出ずとても合理的で良いと思っています

COMMENT(0)
この記事を評価するGood2

2020.12.18【日記】

2021年の秩父ウィスキー祭は




このようになります
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood

2020.12.18【日記】

1770 グラスゴーシングルモルト 珍しい1本

「1770」というブランド名は、史上初めてグラスゴーに設立されたウイスキー蒸溜所であるダンダスヒル蒸溜所(1902年に閉鎖)の創業年からとったものです。新グラスゴー蒸留所のオープンは2014年で、この地に110年ぶりに誕生したシングルモルト蒸留所として今注目を集めています。ドイツ製のハイブリットスチルを使用しているのもこの蒸留所特徴です。

スコットランド産の大麦を使用し、カトリーン湖の上質な水を仕込み水に使用。1stフィルのアメリカンオークのバーボンカスクで熟成され、更に新樽でフィニッシュさせ、46%の加水により滑らかで丸みのあるシングルモルトになりました。
鮮やかな黄金色のシングルモルト。バニラ、トフィー、ピーチのかすかな香りのするダークなドライフルーツ。ビスケット、ダークチョコレートとコショウの風味を伴う繊細な花の香り。甘いバタースコッチとクリームブリュレ。
スライスしたての梨、甘いアーモンド、蜂蜜とショートブレッドの香りのするデーツとブラックベリー。厚く塗ったオレンジマーマレード、ナツメグとシナモンのほのかな香りを、複雑な木々とコショウのようなスパイスが支えています。(販社HP)より

産業革命をきっかけに、年々減少していったローランドウィスキー蒸留所 しかし、新しい蒸留所が
誕生してうれしいです

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.12.18【日記】

アドナムス イングリッシュウィスキーです

とてもユニークなイングランドウィスキーを入荷しました

北海に面したサフォーク海岸にサウスワルド(Southwold)という小さな町があります。この町に、ビールとウイスキーを同じ工場で作っている稀有な醸造所があります。

アドナムス・ソール・ベイ・ビール醸造所(Adnams Sole Bay Brewery)とその中にあるコッパー・ハウス蒸溜所(Copper House Distillery)です

蒸留方法もとてもユニークです
2回蒸留ですが、初溜は連続式蒸留機で約80%まで度数を上げた後、ポットスティル型ではありますが
内部に3段の蒸留棚をもち、つながる2つの連続式蒸留塔をつけ、一旦上げたアルコールを50度くらい
に希釈した後、再び再溜をおこない、最終85度くらいのアルコール液として取り出し、樽によって
3年以上熟成してアドナムスウィスキーとなります

今回入荷はシングルモルトウィスキーで フレンチオークで熟成されてます

受賞歴
Gold
The World Whisky Masters 2019
European Single Malt - Premium (The Spirits Business)

Silver
The World Whisky Masters 2018
European Single Malt - Premium (The Spirits Business)

めずらしいブリュワリー内のディスティラリーウィスキーです


 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.12.18【日記】

もう一つのテネシーウィスキー アンクルニアレスト

テネシーウィスキーを有名ならしめたジャックダニエル
そして、ジョージディッケルですね

また新しい1本が入荷しました
テネシーウイスキーの新銘柄、ジャックダニエル蒸留所の初代マスターディスティラーであるネイサン・ニアレスト・グリーン氏(通称:Uncle Nearest )のレシピを再現したウイスキーです

その名もアンクルニアレスト1856
2017年に創業したアンクルニアレスト社の製品です
このウィスキーは9年熟成ですから、まだ自社蒸留のお酒ではないわけですね
出身のジャックダニエル? でもそうではないそうです
だと・・・ジョージディッケルかもしれませんね なぜ、ジャックではないのかそれはわかりません

おいといて、味ですが9年熟成のバーボンにしては長熟になります
原酒はメイプルチャコールによるメローイングを計3回14日間かけて施されるなど、11の独自プロセスを経るなどこだわりの1本です

甘すぎないビターが効いていて私の好みです
メローで深みのある木香が主張していて、バーボン最高!って感じです

きっと新進のテネシーウィスキーではありますが、人気上昇間違いないでしょう!

まずは、みなさんが試してみてくださいね

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.12.17【日記】

いままでのトイボックスにハズレなし(カリラ 3年)

今回はカリラ の3年というショートエイジ
でも、毎回 トイボックスシリーズにハズレなしという経験で入荷しました

や は り 当たりでした

3年とは思えない熟成感 ファーストフィルバーボン樽から生まれる甘い口当たりがショートエイジの
強さを包み込んでおり、さらにピーティ、スモーキーさはショートエイジ故にしっかりと主張します

つまり、いいとこどりのカリラ ですね

本当か?なんて思った方にぜひ飲んでみて欲しいです

香り:磯、BBQ、潮、灰、スモーキー、バニラ、ポン菓子、ピーナッツバター
味:オイリー、力強いピートスモーク、モルト、ソルティバニラ、レモンキャンディ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2020.12.17【日記】

季能美(季の美)カスクエイジド 20th

京都と英国の伝統を融合させ、11種のボタニカルを用いてつくられた「季の美 京都ドライジン」をオーク樽で熟成した限定商品で、通常よりも高い48%でボトリングされています。
今回の20thエディションは、閉鎖蒸溜所のシングルモルト軽井沢の熟成に使用された樽と世界中から注目の集まる秩父蒸溜所でウイスキーの熟成に用いられた樽、そして日本固有の樽材ミズナラの新樽の計3種の樽で熟成したものがブレンドされています。
軽井沢由来のドライフルーツや香ばしいシリアル、秩父由来のバニラとダークハニーに、ミズナラが与えるスパイス、ココナッツやウッディな香りが調和し、複雑な味わいに仕上がっています。
話題性と希少性のある樽を3種も贅沢に使用した“これぞ日本のカスクエイジドジン”といえる1本!ウイスキー愛好家の方にもおすすめのジンです。

マスター感 複雑な樽の組み合わせによって、季の美が持つ柑橘の感じがすごくビター感を帯びてました
そう、苦味のあるマーマレードを感じました
通常品の季の美と一線を画す、素晴らしいジンでした
当店には多数の世界のジンもあり、ジン好きな方にもご満足いただけるラインアップです

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.12.16【日記】

グレンゴイン バルバイナ(免税店仕様)入荷です

グレンゴインディスティラリーの特色は、麦芽に一切ピートを炊き込まないということ

で、今回のバルバイナ(バルバイナとはスペインのボデガの名称)は、ファーストフィルの

シェリー樽を使用していて、とてもフレッシュなシェリー感を存分に纏っております

色:リッチアンバー
香り:温かい、スパイスレーズン、ビスケット、メープルシロップ、クローブ
味わい:乾燥したリンゴ、タフィー、高級なシェリー、ブラウンシュガー
フィニッシュ:柔らかいオーク、アーシーなスパイス、柑橘、ドライ

どうぞ、上品なグレンゴインをお試しください 通常品もございますので、飲み比べも
楽しいですよ

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2020.12.16【日記】

十年明 Harf Decade ISC ゴールド受賞

美味しいとは思っていましたが、やはり

2020インターナショナルスピリッツチャレンジ(I.S.C.)ゴールドを獲得しました

おめでとうございます 若鶴酒造よりは十年明ルージュもゴールドでした

当店にはまだ、ルージュは在庫してませんが 十年明は今回のハーフディケイド(五年もの)を

ふくめて、マンサニージャシェリー樽後熟、ワイン樽後熟と3本ご用意しております

それぞれ、ほんのりスモーキーフレーバーがのった美味しいブレンデッドウィスキーです

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.11.25【日記】

時短ふたたび・・・涙


負けずに頑張ります
みなさんも、お身体に留意しながらバーへ足をお運びくださいませ
バーは密もなく、除菌、防疫万全です

そして、さらに15日(火)までの延長要請をうけております
通常営業は16日(水)からできるのかしらん・・・涙
COMMENT(1)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood1

2020.11.18【日記】

アードベッグ トリーバン2nd 入荷してます

1昨年も入荷すぐにひっきりなしのオーダーを受けましたアードベック トリーバン19年

今年も無事、当店に着荷です・・・

今後、定番商品になるというビルライデン博士のセミナーで聞きました

今年も入荷できてホッとしてます すごく競争率が高いですから

2019年の1stは 煙がかったパイナップル、チリチョコレート、スモーキーというラベル表記

2020年の2ndは フレッシュライム、炒った紅茶葉、煙がかったパイナップル

と記載あります 私の感想は、まさに煙がかったパイナップルが最初にくるか、あとから

上がってくるか そういう違いを感じました

無論、どちらも購入できるアードベックの長熟ですから美味しいに間違いありません

残念なのは、1stより2ndは価格が随分上がってしまったことかな

1stある間なら、ハーフでの飲み比べやってみてください フルショットならあと数杯で

1stは終わります



1shot ¥3700(1stは ¥2800)

ハーフ飲み比べはセット ¥3500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.11.10【日記】

濃厚なバーボンバレルのアタック!

京都のカームバーさんのPB(プライベートボトリング)

スコットランド マル島にあるトバモリー蒸留所です(裏のスモーキー版はレダイグ)

そういや、以前もカームバーさんのPBでレダイグ入荷しましたね あれも美味しかった

今回のは綺麗なゴールドカラーのトバモリー ラベルは好きなニャンコとロータリーエンジン

カームバーさんの愛車がRX7だからだそうです とてもユニークなデザインも素敵です

ジャケットだけでなく、中身のお酒もなかなかすごいです

カスクストレングスはアルコール度数66.6度(ここでオーメンとかダミアン!とか言う人は

それなりの年齢の方でしょうねぇ w)

香りは甘いりんご、パパイヤからすこし味醂

味わいは口に入れたとたんにキャンデーの爆弾 オイリーで少々の金属的なスパイス 余韻は

長く感じます

一口の余韻は続きます ぜひ飲んでいただきたい1本です

1shot ¥2100
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2020.11.06【日記】

ビル博士の甘えっ子 グレンモーレンジ ケーク入荷です

いやぁ、パッケージから盛り上がるくらい 甘々しい 笑

いえ、ウィスキーですから・・・ 

過去にミルション(ゲール語でお菓子)がありましたねぇ 最初見たときはちょっと驚きました

今回、ボトルよりパッケージが凄く甘々しかったです

今回はケーク(ケーキ)です おぉ同じ土俵に立つのか!!

好評のミルションもまだありますので、ここは飲み比べですね

どちらが美味しいとかそんな野暮なこと言いっこなしです どちらもお菓子、ケーキを

イメージできるくらいお花畑でした

違いがわかったのはまず、熟成に使った樽は、ミルションはハードチャーしたポルトガルの

赤ワイン 今回のケークは世界三大貴腐ワインのひとつ ハンガリーのトカイ樽を使っています

そういう樽の影響でしょうね ミルションはレモンキャンデーや洋ナシが甘い香りとともに

鼻腔をくすぐります ケークはやはりわかりやすいのはパイナップルのような南国系フルーツ

そしてキャンデー、ナッツ、スパイス、しっかりと樽香もあります

味わいは双方 甘くて少々のスパイス そして持ち味のホワイトチョコ、キャンデー、中〜長の

フィニッシュへ続きます


まぁ、一期一会なグレンモーレンジ お楽しみください もちろん、インスタ映えしますよぉ



1shot ¥1600
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2021年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧