洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2021.04.03【日記】

駒ケ岳 屋久島エイジング 2021

信州 駒ケ岳蒸留所で作られた原酒を、鹿児島南南西約60kmの屋久島で熟成させたもの

今回の第4弾はバーボンバレルで3〜5年熟成させたモルトをバッティングしてます

ほんのりスモーキーフレーバーの中からバニラやバナナを感じます

とても綺麗にまとめられたシングルモルトです

1shot ¥1700(税込)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.04.03【日記】

カリラ デイドリーム マディラカスク2012 7年

カリラファンの方にはフレッシュなカリラを求める方が多いです

当店も極力、フレッシュなカリラを探してはご提供しております

今回は、デイドリームシリーズからマディラカスクフィニッシュの7年です

香り 強いヨード香りの中から、上品なグレープを感じます

味わい 強烈な度数からくる、舌のしびれからしだいにスモーキーなブドウ キャラメル

フィニッシュ 若いわりにはジンジンと味わいを離しません

1 shot ¥1900税込
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.03.17【日記】

マルスラッキーキャット 第6弾(choco)入荷です

猫バカバーテンダーです ええ、猫ラベルというだけで買っちゃいます(高すぎなければ嬉しい)

今回はマルス様からのラッキーキャットシリーズ 第6弾 チョコちゃんです

しかし、これは面白すぎです だって香りもカカオ、コーヒーを連想するし、味わいもチョコレート

風味というか、コーヒーというか まんまチョコちゃんです

ほんとか?という方 ぜひ試してみてくださいね

どんな樽からブレンドしてこんな風に仕上げたのでしょう 楽しすぎます

1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.03.17【日記】

G&M ストラスアイラ2008入荷です

今まで普通にあった、2機の水車が書かれていたストラスアイラ12年が姿を消しました

現在は姿を変えて12年ものは当店にもあります が

今回は歴史あるゴードン&マクファイル社からリリースの ファーストフィルシェリー樽と

リフィルバーボン樽を使い合わせた12年ものが入荷です

ストラスミルはとても人気のある蒸留所です 穏やかで華やかな香りをもつシングルモルト

どなたにでも愛される定番の味です

今回はちょっとシェリー樽熟成もあり、香りはバニラ、アップル、シナモン、グローブ

口に含むと、豊かな甘さですがそれだけでなく、黒胡椒をきかせたレーズン、チョコレートを

想像させます

フィニッシュはゆっくりとおさまるミディアムな感じ

こんなストラスアイラに出会ってみませんか?

1shot ¥1800
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.03.17【日記】

キルホーマン ルビーポートフィニッシュ2012入荷です

キルホーマン2012 ルビーポートフィニッシュはアイラ島産ピートを
たっぷりと焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用。
バーボンバレルで熟成後、ルビーポートの空き樽で4ヶ月追熟した8年熟成。
シングルカスクのカスクストレングスボトリングです。

赤みがかったマホガニー。
香りは塩気を伴ったピートスモークにルビーポート樽由来のベリータルト、
レモンケーキ、バニラが混ざり合いながら広がります。
味わいはジューシーなミックスベリー、熟したレモン、塩キャラメル、
オーク、バニラ、次第にピートが全体を包み込み、心地よい余韻へと続きます。

4ヶ月という短期間のフィニッシュでありながら、充分にベリーの風味を引き出し、
ピートスモーク、バニラと見事に調和した素晴らしいシングルカスクです。

1shot ¥1900
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.03.04【日記】

アードナムルッカン シングルモルト

昨年、アードナムルッカンなる未知のウィスキー(ではなく、若い原酒が入っているために

スピリッツとなってます)に出会いました

まだ、3年以上のウィスキーだけのボトリングをされずに、あえて若い原酒も入れての

スピリッツ しかし、ピーテッド、アンピーテッドを織り成し さらにペドロヒメネス、

オロロソシェリー樽で熟成させた、若いが味わい深いスピリッツでした

今回のもピーテッドとアンピーテッドを織り成し、バーボン樽とシェリー樽熟成原酒で

つくられた酒齢3年以上だけのシングルモルト

比較してみるとスピリッツの方が赤みが深い 今回のはゴールド

きっとシェリー樽比率はスピリッツのほうが多い

実際、飲み比べてみてもスピリッツのほうが深みもあり美味しく感じます

今回のは塩みもあり、キャンディ感やフルーティさもありながら、すっきりした味わいでした

時間をおくとさらになめし皮のよう ワクシー感が出てきます

飲み比べてみると、アードナムルッカン蒸留所の未来が見えてきますよ

1shot ¥1500
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.02.28【日記】

ベンリアック2007-2020 WHISKY HOOP

ウィスキーフープというボトリンググループがあります

通常はメンバーのみの販売なのですが、たまにボトリング数が多いものは一般に購入可能です

私も過去、メンバーでなかった時のフープボトリングが美味しくて、ようやくメンバーになり

メンバーボトリングが購入できるようになって楽しんでいます

今回分は、ベンリアックです

これも、オフィシャルをたくさん持っておりますが、こうしたオリジナルボトリングは

とてもインパクトの強い1本でした

もちろんカスクストレングスでナチュラルカラー

バーボンバレル由来のライトゴールド色

木香ゆたか ミントのようなすっきりとした香り
プラム、バナナ、パッションフルーツのような豊かな甘さ
ミディアムなフィニッシュ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.02.27【日記】

厚岸蒸留所第2弾 雨水入荷です

厚岸蒸溜所のモルトが過半を占め、 未熟成のまま輸入したグレーンは
厚岸蒸溜所で樽詰めして 3 年以上熟成させました。
厚岸モルト特有の甘く薫り高いピート感と グレーンの軽やかさが
相俟って醸し出される華やかなハーモニーをお楽しみください。

テイスティングノート
ダークカカオ , カスタードプリン , レーズン , 柑橘様の香り、
レモン , ライム , オレンジキュラソー様の爽やかな味わい、
ホワイトペッパー様のスパイシー , ミルクチョコレート様の甘味が続きます。


1shot ¥1900
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.02.26【日記】

MHD2回目のスペシャルリリースより

昨年、同1回目リリース時にクラガンモアとタリスカーを購入

そのポテンシャルのすごさ ボトルデザインの素晴らしさに他の購入を見送ったのを

後悔しました

今年も第2回目リリースということで、気になるラガブーリン12年を購入しました

さっそくテイスティングしました ほんま、買っておいてよかった


ナチュラルカスクストレングスで、ライトゴールド(ノンカラーリング)

香り
最初は大人しめでマイルド
暫くするとフルーツキャンディと港のようなフレッシュな塩っぽさ


カスクストレングスらしい太いボディ
火薬まみれのキャンディ

フィニッシュ
⾧く非常にスモーキー。スモーキーさがどんどん強くなります

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.02.18【日記】

「風の森」より、ジン「追憶」入荷です

「風の森」醸造元の油長酒造が大和蒸留所を立ち上げ、ジン製造を開始しました

ベースアルコールはライススピリッツ(米焼酎)、ベースボタニカルはジュニパーベリー使用。

 独自の原料ボタニカルには勿論奈良(大和)にこだわり、大和橘、大和当帰を使用しています。

【大和橘(やまとたちばな)】
 2000年前から存在する日本固有の柑橘果実で、日本最古の柑橘植物と云われ、絶滅危惧種に指定され、天然記念物にもなっています。京都御所にも植えられており「右近の橘」、「左近の桜」と云われています。

【大和当帰(やまととうき)】
 日本書紀にも生薬として記載されているセリ科の植物で、個性的な甘い芳香が特徴です。

すでにいくつかシリーズとしてリリースされているようですが、すべて限定品のため、追いつき

買えてません

橘花ジンを作り始めて2年以上が経過して改めて大和橘の歴史を振り返り、この一文を目にした時に現代では薑橘椒蘘荷が美味しい事は知ってるよと表現したい。そんな思いでジンにしました。(大和蒸溜所所長 板床直輝氏:談)

姿もユニークなステンレスボトルで 店内で異彩を放っております

悠久の時を思いながら、このジンに込められたメッセージをグラスで飲み干してください

 
  • 「追憶」
  • 使用原料(ボタニカル)/ジュニパーベリー、大和橘、大和当帰
  • 生姜、山椒、茗荷
  • ●アルコール度/45%
  • ●産地/奈良県御所市中本町
1SHOT ¥2000
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.02.18【日記】

アーーーーーーードベッグ! 入荷しました

アーーーーーーードベッグ!(長音は7回)が入荷しました

本来はアードベッグコミュッティ向けのボトルです 通常は時期が遅れて一般限定品で発売される

のが常ですが、今回はほぼ同時期 ラベルデザインも同じです

13年にわたってアードベッグ蒸留所で奮闘指揮をとっていた、ミッキーヘッズ氏の退任記念ボトル

アードベッグでは初のライウィスキー樽を使っています

さて、いかがでしょう

香りはTENほどすぐにスモーキーが鼻をつくようなことがなく、かすかなヨードとボンド
次第に、ウッディさを感じます

味わいは口に含んだとたん、TENとは比べ物にならないくらい、刺すような煙、ヨード
シロップ、甘さもTENを超えてます 少々のコーヒー豆 胡椒

フィニッシュも伸びて行きます

さぁ、ミッキー氏の新たなる航海を祝して、アードベギャンのみなさんも祝杯を挙げてください

サンジバー!



裏ラベルにはスタッフの寄せ書きも見られます 特別な1本です
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.02.18【日記】

グレンリベット イリシットスティル12年(限定品)

シングルモルトウィスキーを知るにはまず、避けて通ることはできないくらい

その香り、味わいすべてにおいて優等生であり、その歴史も見逃すことができない

グレンリベット12年

モルティとビスケットの奥から感じるトロピカルフルーツ、はちみつ、オレンジ

口にいれると強烈ではないけれど、しっかりとパイナップルやファッジーな味わい、余韻は中くらい

ストレートでも水割りでも美味しくのめる定番です

今回、その歴史をさかのぼり、イリシットスティル(密造酒時代)のグレンリベットにインスバイア

された、同じモルトでありながら個性を際立たせた1本です

たしかに、通常品のグレンリベットはほんとうに素直で綺麗なシングルモルトです

しかし、これを飲むと通常品の個性を倍返ししたような強い印象でした

アルコール度数も通常品の40度を上回る48度は、力強く広がります

せっかくの限定品です ぜひ、おためしください

1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.02.15【日記】

2021年 秩父ウィスキー祭ですよ〜

2月20日・21日は第8回秩父ウィスキー祭です!
https://www.chichibuwhiskymatsuri.jp/

確か第6回には現地に行きました めちゃ寒かったです

今回はコロナ禍の影響で現地開催はありません 代わりにオンラインでの祭開催となりました

当然参加です・・・・(暖かいお部屋で参加です w)

土・日となります オンラインはyoutubeで 再放送はありません(期間中の配信はあります)

つきましては、朝からのめりこむ!

土曜日は朝11時の秩父神社ご祈祷からスタート! 翌朝4時までノンストップ!(途中空き時間はありますけど)

日曜日は10時の秩父蒸留所見学からスタート! 17時閉会式となります

なかなか、体験できない内容です

つきましては、勝手ながら20日(土)21日(月)は臨時休業させていただきますので

よろしくおねがいたします・・・
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2021.02.14【日記】

カリラ アマローネワインカスクフィニッシュ 9年

カスクフィニッシュの多様性は限りありません

ポピュラーなのは、シェリーでしょう それにワインやラムなどを含むとウィスキーの変化球は

限りありませんね

今回は、イタリア高級ワインABCにある、A(アマローネ)、B(バローロ)、C(キャンティクラシコ)の一翼、アマローネワイン樽でフィニッシュした9年ものです

アマローネの特色は摘み取ったブドウを3〜4ヶ月陰干し(アパッシメント)して、濃厚なブドウ
ジュースを作り、それからワインを作ります

とても濃厚で芳醇なワインです 陰干しにはカビを嫌います

積まずにカビしてブドウを乾燥させた貴腐ワインとは製法がことなり、甘みよりも

ダークチョコレートのような苦味がつよくなります

その樽をつかってフィニッシュした今回のカリラ

最初は、カリラらしいピート香が上がりますがすぐにアマローネ様の香りに包まれます

そして、しだいにアマローネが後退してカリラらしいスモーキーフレーバーとワイン香との

ハーモニーが類稀なる特別なカリラを作り上げてます

香りは焼いたパイナップル、イチジク 味はタルト、チョコ、マドレーヌ

1shot ¥2000



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2

2021.02.02【日記】

緊急事態宣言 さらに期間延長

ニュースなどでご覧の通り・・・

2月7日までの緊急事態宣言における、営業時間時短要求がさらに1ヶ月伸びました 涙

期間中に感染レベルが一定まで下がれば、緊急事態宣言を解除すると大阪府知事は言ってますが

どうなることでしょう・・・

ともあれ、みなさまにおかれましても感染にお気をつけくださいませ

当店は期間中、このまま 月〜水を休業 木〜日と営業 

営業時間は変わらず、午後5時から午後8時閉店 お酒の提供は午後7時まで

のスタイルで頑張ってまいります

早く暗雲が去って欲しいですね・・・

 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood1

2021.01.31【日記】

グレンエルギン 12y 上村一夫ラベル

「お酒を愛した漫画家・上村一夫」

昭和の絵師と呼ばれた漫画家・上村一夫は、漫画界きっての酒飲みでした。
1972年に「同棲時代」や「修羅雪姫」などの作品で人気を博した後は、月産400枚もの原稿を描き上げる多忙な日々を送っていましたが、それでも毎夜酒場へと繰り出すような人でした。

その頃の1日のスケジュールはというと、まずは昼過ぎにブラックコーヒーで酔いを覚ました後、事務所に出勤。事務所のマンション一階にある喫茶店でネームを描き、それを携えアシスタントの部屋へ向かい、その日の仕事を渡し、本人も夜の8時、9時頃まで一心不乱に原稿を描き上げます。(筆はとても早く、締め切りを落とすことはなかったそうです。)
その間、仕事場へ原稿を取りにやってきた編集者の面々は、ちびりちびりとお酒など飲みながら原稿の上がりを待ったそうです。当時上村プロダクションの秘書は、そんな編集者に酒の肴を用意するのも仕事のうちだったそうです。

そして夜も更け、仕事を切り上げると、まずは丁寧に歯を磨き、ウイスキーをストレートでクイと呷り、「ちょいと行きますか」と編集者に声をかけ、夜の街に繰り出したそうです。銀座、赤坂、四谷、新宿、渋谷など、一晩で何軒もハシゴして、家に帰るのは空が明るくなる頃、というのもざらでした。とにかく付き合いが良く、先に帰ることはせず、得意のギターで十八番を歌い、皆を楽しませ、いつも人に奢ってばかり。

それ故か、父が亡くなった後に父のことを悪く言う人はいませんでした。そんな仕事とお酒に人生の大半を捧げた父・上村一夫は今年で生誕80年を迎えます。父が亡くなって30年以上経ちますが、有り難いことにいまだに作品が復刻され、近年ではヨーロッパを中心として海外でも多くの作品が出版されています。そしてこの度、父が何よりも愛したウイスキーのラベルに絵を使っていただくことになり、父が生きていたらどんなに喜んだことか、と感慨深く思います。

生誕80年という年に、父を知る方にも知らない方にも、上村一夫の描いた美人画を愛でながらお酒を楽しんでいただけたらこんなに嬉しいことはありません。
上村一夫オフィス・上村 汀

【Tasting Notes】
色: ディープゴールド。
香り: 熟した洋なし、白桃、ドライバナナ、バニラ、シナモン、ミント、麦芽糖、ほのかにヘーゼルナッツやクリーム。
味わい: 熟した果実の甘味と酸味、心地よい樽の渋味がバランスよく広がります。キャラメリゼした洋ナシ、オレンジピール、ジンジャー、ハチミツ、セージ。
フィニッシュ: 心地よい渋味と酸味。干し草っぽいグレープフルーツのピールと白コショウ。全体的にドライ。余韻は中程度。


1shot ¥2600
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.01.31【日記】

和美人 ダブルカスクフィニッシュ入荷です

コロナ禍でインバウンドも落ち着いた今日この頃・・・

ヒートアップしたジャパニーズクラフトジンフィーバーもひと段落の様相です

しかし、地道に美味しいクラフトジンは次々とリリースされています

今回の和美人も当初のブーム時、本坊酒造さまがリリースしたものをいち早く入荷して

ご提供してましたが、今回ダブルカスクフィニッシュは、マルス(本坊酒造)ウィスキーの樽

(津貫ウィスキー4周年記念事業)かな・・・と

バルバドスラム樽で熟成させたものを合わせた、樽香りもゆたかで甘さを感じる新しいジンです

バルバドスとは東カリブ海にうかぶ英国領の小さな国です そこで作られたラムはとても高評価な

ラムです(こんど単体で仕入れてみますね)

ウィスキーではないけれど、ジンでくくりきれない複雑さをぜひお試しください もちろん通常品

の和美人もございますので、飲み比べも面白いですよ


1shot ¥1400
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.01.29【日記】

六花のつゆ(ウィスキーフープスペシャル)

取り扱いさせていただいている、ウィスキーフープさんより
ギフトを頂きました

ご存知でしょうか 北海道で有名なスイーツメーカーの六花亭さんが作っている
「六花のつゆ」という、かわいらしいボンボン

通常は北海道以外でしたら、各地で開催される物産展などで買えるそうです

通常品は「ハスカップ・コアントロー・ペパーミント・梅酒・ブランデー・ワイン」が
入って見た目の色合いもインスタ映えしそうです

今回、いただいたのはさすがボトラーさんですね
「エドラダワー シェリー樽」
「カリラ ホグスヘッド樽」
「カルバドス ベイドージュVSOP」
「カルディラム シュガーケインラム」モラセスを使わず、アグリコールなピュアなラム
「グラッパ カベルネネッビオーロ」
「厚岸 バーボン樽」
なんと、すばらしい一品ばかり・・・

贅沢なボンボンの誕生ですね

さて、ご来店の方へ1粒お好きなものを楽しんで頂きましょう!
(こんな緊急時期ですからね・・・)

ただし、選ばれる早いもの順になりますので、欲しいものが無くなっていたらごめんなさい

非売品の珍しいボンボンです



COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood

2021.01.24【日記】

ヒディンスピリッツ カリラ13y 入荷です

ヒディンというかヒデュンというか、日本語表記が難しい HIDDENです(隠れた、隠されたという意)

昨年2020年に日本上陸した、イタリアのインディペンデントボトラーのHHIDDEN SPIRITS社

すでに何本か発売されてますが、今回入荷のカリラ13年は日本限定品です

色はすっきりとしたゴールド まさにバーボンバレル熟成

まず、鼻をつく薫香 ぬれた皮 スパイス 干し草 奥に潜むレモン

口に含むと甘さが広がりそして、次第に燻製、スパイス、柑橘がきます

フィニッシュはいつまでもスパイシーで甘さが広がります 奥にはカカオ様でもありました

カリラ好きなお客様のためにご用意したのですが、大正解な1本でした

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2021.01.24【日記】

津貫ピーテッド 着弾です!

ちゃんくだ〜ん! いまっ!

富士自衛隊演習を見た人にはジワっとくるかな w

さておき、とても好感もてた津貫ファースト 今回は津貫ピーテッド入荷です

ピーテッドとはいえ、アイラのようなフェノールが鼻にくるようなツンとくるピート感よりも

本体のバランス良いふくよかなウィスキーにピート香がのっかってくる感じです

ファーストも良かったし、今回のピーテッドもぜひお試しいただきたいです

基本、バーボンバレル熟成ですが混成されているものにシェリー熟成も感じました

味わいもさることながら、従来のマルスウィスキーボトルには生産地駒ヶ根から望む

中央アルプス稜線がボトル上部に、南アルプス稜線がボトル下部に描かれているのは有名ですが

津貫ボトルには上部に中央アルプス稜線が、下部には桜島を含む鹿児島の山々の稜線が

描かれているんですね ぜひ、ご来店の節はご確認くださいませ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2021年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧