BOURBON STREET K’s BAR

横浜の東急東横線 妙蓮寺駅と白楽駅の間にある、小さなBAR(バー)のブログです。

2021.09.04【日記】

蝉を探しに...

読み始める前に
今日も一押し!

人気ブログランキング

アップを押してくれるとアップ

明日の書く励みになります

 

↓ここから下が本文になります↓

※9/1(水)~9/12(日)まで

 

休業いたします※





探しに行ったわけではないけれど
最近急坂チャレンジしても
富士山が見えないので

急坂の近所の雑木林に

足を踏み入れてみました



何度か足を踏み入れているので
遭難することもないです



まぁ遭難するような

場所ではないけれどね



雑木林の中は蝉の大合唱!
少し離れた場所からは
よく聞いていたけれど
近くで聞くと迫力あるねぇ~



広場的な場所があって
そこには備付けの

テーブルと椅子があり
子供達やら親子連れが
お弁当食べたりしているんだろうなぁ~


っで
木々に留まっている蝉を観察
よく見るアブラゼミばかりだったけれど



ジャン!




「ミンミンゼミ」



発見!



その近くにいつも見かけるより

少し形も違う



ジャン!




「抜け殻」


も発見!



上の写真の

ミンミンゼミの抜け殻??
かドーかは定かではありませんが



久しぶりに間近で

ミンミンゼミを見たよ


と...



足元を見ると...



「穴」



が至る所に開いている...
ムムム...



この日は見渡す限り

人っ子一人いないから
真相はわからないけれど...



子供達が傘か棒で

穴を開けたのか?
ハタマタ地中から這い出てきた

蝉の幼虫の痕跡なのか?



まぁこれだけの数
開いていると言うことは
蝉の幼虫と言うのも

周りの大合唱からも

推測出来るような気がする


そこで疑問が湧いた
蝉の穴だとしたら
さて...どこまで深い??


蟻のように

通路や居住区を作るか?
ハタマタその場で

羽化のタイミングまで

ジッとしているのか?


蟻のようにだとすると
穴は必然的に

深く奥行きが出てきそうだ
ジッとしているなら

そんなに深くはないだろう...


ムムム...
見ていてもわかるわけがない




っで至る所に落ちている枝を

穴に...
突っ込んでみる



浅い!


ものの数センチで行き止まった


子供達が傘で

穴を開けていたのなら
もっと深いだろう
やはりこの穴は蝉の穴...



っでググったら
いたね!
同じような疑問を持って

尚且つ実験した素晴らしい方が!
固まる液体を

その穴に流し込んで

型を採っていたよ


良いねぇ~
親近感を感じるね


やはり穴は短く狭い物だった
蝉はそんな空間に

数年ジッとしていて
さぁ地表に!
と決意した時に

地表がドーなっているかも

知らずに這い上がろうと

するんだね



もし地表がその日大雨だったり
出た瞬間に捕食動物がいたり...
一番考えられることは

穴の上に建造物が建ったら...
もしくは

その土もろともどこかに運ばれ

上下左右がわからなくなったら...


あぁ~
そんな不確定要素満載の

スタートって...



博打以外のなにものでもない
蝉よ

シッカリこの世の夏を

楽しんでおくれ!


 

 ではまた後日

 

 


今日も一押し!

人気ブログランキング

アップを押してくれると

書く励みになります

 

 

 

By マスター
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

BOURBONSTREET K'sBAR

ブログ内記事検索

  • 2021年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧