BAR THINK 浜松店

静岡県浜松市にあるBAR THINKです。 ウイスキー文化研究所浜松支部の拠点にもなっています。 お店のイベント、商品紹介を中心に情報を発信していきます。

2015.05.27【お酒のレビュー】

丸浜グレープフルーツのソル・クバーノ


本日より、丸浜グレープフルーツのソル・クバーノをご提供いたします。(^^)

まず、丸浜グレープフルーツについて。
丸浜は浜松市浜北区にある生産者組合で、片山みかんをはじめとする様々な柑橘やブルーベリーなどを生産しています。

昨年、この丸浜地区でグレープフルーツの栽培を手掛けているという情報を聞き、今年2月に組合の担当者さんと生産者さんにお会いし、お話を伺ってきました。

丸浜地区では2006年よりグレープフルーツの栽培を始め今年で9年目。この春で6年目の収穫期を迎えました。
初年度100kg程度だった収穫量も今年は10tを越え、組合としての生産では全国に先駆けてブランド化を進めています。
品種はスタールビー。真っ赤な果肉が特徴です。

そこで、地元の浜松で栽培された希少な国産グレープフルーツのカクテルを作りたい!となったわけです。

さて、グレープフルーツのカクテルといえば、ソルティ・ドッグ。
最もグレープフルーツの味を生かした、"今、作るべきカクテル"といえるでしょう。
私も試食をするまでは、そう考えていました。
しかし、思っていたものとちょっと違ったのです。
酸味が少しだけ強かったのです。

そこで色々と考えているうちに、あることを思い出しました。
子供のころに食べたグレープフルーツ。
みなさんはどうやって食べていましたか?
1971年にグレープフルーツの輸入が自由化され、一般家庭の食卓に少しずつ上るようになりました。当時のグレープフルーツは今ほど糖酸比(糖度と酸度の比率)が高くなかったため、半分に切ってお砂糖をかけてスプーンですくって食べていたと思います。

ひらめきました!

三ノ宮に行こう!(^^)

神戸三ノ宮にはソル・クバーノというカクテルで有名な、サヴォイというバーがあります。
このソル・クバーノ(キューバの太陽)というカクテルは、マスターの木村義久さんが1980年に第1回トロピカルカクテルコンテストで1位を受賞したラムとグレープフルーツを使ったカクテルです。

1980年という時代を考えれば、少し酸味のあるグレープフルーツを使っていたのではないか…。

時代背景を思い浮かべながら、サヴォイにてオリジナルのソル・クバーノをいただいてきたのでした。

ということで、同じグラスまで探し当て、完コピしたソル・クバーノ+丸浜グレープフルーツの完成です!\(^o^)/

グレープフルーツの出荷が3週間程度しか無いため、売切れ次第終了させていただきます。

それから誤解があってはいけないので書いておきますが、丸浜のグレープフルーツはお砂糖が必要なほど酸っぱいわけではありません。
糖度は約10度あります。清涼感のある酸味と爽やかなほろ苦さ、スタールビー特有の鮮やかな濃いピンク色が特徴の、とてもおいしいグレープフルーツです。国産ですからポストハーベストも心配いりません。ご希望の方にはカットいたしますので、ぜひそのまま味わってみてください。

写真は左がオリジナルのソル・クバーノ。
右がソル・クバーノ+丸浜グレープフルーツ。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

BAR THINK

ブログ内記事検索

  • 2020年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧