Bar.come(大阪・十三のモルトバー)

阪急十三の東口を出てまっすぐ東へ商店街を抜けると、見慣れないボトルがぞろぞろ並んでいます。 コールバーンやノースポートやローズバンクといったポピュラーなもの(笑)から、キンクレースやレディーバーンといったレアなものまで取り揃えております。単にモルトを注ぐだけの店です。 つまみは塩豆のみしか用意していませんので、持ち込みは常識の範囲で自由です。 安心してドアを開けてください。

2009.07.29【日記】

朝帰り 目覚まし代わりの 蝉の声

 店の用をしている内に夜が明け慌てて家に辿り着き、朝食やら夜食やら分からない食事を終えて、はじめて蝉の声に気付いた。

 クマゼミ「(熊蝉)Cryptotympana facialis は、カメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種(Wikipedia)」の、「シャーンシャン」の声のように思うが、姿は見ていない。

 「蝉」は夏の季語で、『閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声』の句はあまりに有名で、中学校?で習ったような記憶なのだが、俳句の授業だった事だけは間違いなさそう。

 松尾芭蕉の『奥の細道』に載っており、立石寺で詠まれたことまではなんとか記憶にあるのだが、文系の学者先生ですら「ナニ蝉」かは特定していないようである。(ニイニイゼミという説が有力?らしいが、その時代は地球温暖化は始まっていないはず!なので季節感が今と違う気もする。)
COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • 俳句
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

comemas

ブログ内記事検索

  • 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧