Bar.come(大阪・十三のモルトバー)

阪急十三の東口を出てまっすぐ東へ商店街を抜けると、見慣れないボトルがぞろぞろ並んでいます。 コールバーンやノースポートやローズバンクといったポピュラーなもの(笑)から、キンクレースやレディーバーンといったレアなものまで取り揃えております。単にモルトを注ぐだけの店です。 つまみは塩豆のみしか用意していませんので、持ち込みは常識の範囲で自由です。 安心してドアを開けてください。

2013.01.08【イベントレポート】

ポートエレン飲み比べのお知らせ

場所 : Bar.Come

時間 : 16:00~

種類 : OMC FINAL VINTAGE 22Y
     SIGNATORY VINTAGE 1978
     AULD DISTILLERS COLLECTION 22Y
     PROVENANCE 23Y
     他 2種類 各15ml

会費 : \10,000

人数 : 9名

備考 : ポートエレンは1983年に閉鎖され、現在はモルトマスターとなっている。
     ポトスチルは取り外されており、再会は期待できそうにない。
     最近は価格も高騰してきており、リリースされる本数も減ってきている。
     アイラ島の中では非常に上品な香りと味は、一飲の価値がある。
     まとめて6種類が飲み比べできるこの機会に、ぜひお試し下さい。
この記事を評価するGood1

2012.06.16【日記】

ウイスキーフェスティバルin大阪

 ウイスキーフェスティバルin大阪のチケットを月曜日に10枚入手します。2枚以上お買い上げの方には、タプローズを1杯サービス致します。  大阪で初めての大型ウイスキーイベントです。ぜひ奮って参加して頂きたく思っています。  貴方が、素晴らしいウイスキーと出会える場であると確信しています。ウイスキーの楽しみ方は、人それぞれですが、まずは出会うところから始まります。出会い無しに、惚れることは難しいでしょう。  酒好きの貴方、ぜひ参加下さい。チケットは色々な方法で入手出来ます。当店では、電話での申し込みも受け付けます。090-2106-1075にSMSで連絡下さい。当日までに貴方の手元に届くよう手配致します。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2008.08.16【日記】

ウイスキー

 モルトウイスキーだけがウイスキーでないことは重々承知しているが、注ぐだけのバーテンダーとしてはウイスキーと言えばモルトウイスキーと思ってしまう。そのくせ他所のバーに行ったら、モルトウイスキーをオーダーしない事の方が多い。家でウイスキーを飲むこともほとんど無い。店で好きなだけ飲んでいるからということではなく、ウイスキーを飲んでも仕事から解放された気分にならないからだ。

 私にとってウイスキーとは、店と試飲会で飲むものであり、売る物になってしまっている。モルトウイスキーの持つ骨太感と繊細さに惹かれ、店の商品のほとんどをスコッチモルトにした。どれを取っても素晴らしい酒であるし、好きだし、美味いと思う。新しいボトルが入荷したら、早く飲みたくて仕方がないものである。

 どれを誰にどのタイミングで勧めるか考えるのを楽しんでいるのかも知れない。
 時には、店でモルトウイスキーをすすりながら、常連さんやウスケバのブロガーの顔が浮かぶ事がある。この酒を飲ましたいという思いがふと浮かんでくるのだ。酒も飲まれたがっているのかも知れない。それをどこからとも無く主張してくるのもウイスキーの持つ力なのか。

 一時間、幸せになりたかったら、酒を飲みなさい。(中国古諺の一部)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2007.06.22【日記】

ハイボール

 お客様から、「ハイボールってなんでハイボールになったの」と尋ねられた。
 そこで、即答できなかった。

 知らないことは「ウスケバ」に訊け。
 ということで、知っている方からのコメントを早急にお待ちしています。
COMMENT(9)
この記事を評価するGood

2007.06.06【日記】

届いた

 昨日の余市に引き続き、クレイゲラヒ2本と、グレングラッソーが届いた。

 クレイゲラヒのオフィシャルは初めて飲んだのだが、らしさが詰まっている。

 マキュロップチョイッスの方は、クレイゲラヒオリジナルに通じるものがある。

 グレングラッソーは前と同じボトルなので安心して飲めそう。まだ飲んでいない。

 今度の17日のブラインド大会に向け、どれを使おうか、それとも温存するか検討に入った。

 
 開栓してしばらくたってからのほうが美味くなる物もあるので、飲み頃を考えるのは大事なことである。
COMMENT(5)
この記事を評価するGood

2007.05.17【日記】

犬も歩けば

 今日は、風の中チャリンコで酒屋めぐりをしてみた。

 まずは、久しぶりに高村酒店にお邪魔した。モルトのコーナーが狭くなって以来、ほとんど行っていなかったが、どうあっても欲しいものは見つからずじまい。

 次に、心斎橋のマルシェに向かう。その途中で、数件の酒屋に寄って見たが、買うべきものにはありつかず、目的地に到着。ワインとチーズは欲しいものがあったが、モルトに関しては???

 仕方が無いので、明治屋へ。モルトはそう置いて無いとたかをくくっていたのだが、ポートエレンの面白そうなものを見つけた。ただ値段が・・・。
 結局は買わずに、十三に戻ってきた。

 そのうち、ウロウロしてれば面白い掘り出し物に出会うこともあるだろう。
COMMENT(6)
この記事を評価するGood

2007.04.30【日記】

長熟は大当たりか大ハズレ?

 今までに、30Yオーバーのボトルを何本か購入もしたし、他所のバーでも飲んでみた。

 私の場合は、飲んだことが無ければ飲んでみようと思うので、あくまで自分の趣味で飲んだだけである。素晴らしかったものも、もちろんたくさんあった。が、コストパフォーマンスという次元を度外視しても、「こりゃあかんで」の一言で片付けたいものにも出合った。

 試飲したら、「1本ぐらい買ってもいいかな」と思うのだが、後は財布との相談である。
 バーの仕入れなんて、いささか博打の要素はあるもので、○○○○だから100%信用しても大丈夫などと思ったらえらい目に合うこともある。昨日の天皇賞のように(笑)

 「アルコール度数が40%を切りそうになったから、あわててボトリングしたのでは」と疑いたくなるものや、「蒸留所の特徴はしっかり持っていても、まろやか過ぎてパワーが全然ない」というものにも出合った。

 もちろん飲んでみたからこそ言えるのではあるが、買ってから外れたらどうしようと思うと、なかなか試飲せずに長熟には手が出しにくい。もちろん、懐事情との絡みもある。それと、店で売るには少々高いので、在庫を考えると手を出しにくい部分もある。
 とことん貴重品なら、宣伝費と割り切ることもできるのだが、適当に売りたい価格帯の高級品が一番難しい。

 今まで入荷した長熟では、ボウモア40Yが絶品である。あと2.5ショットぐらい残っているだけだ。
 ハズレたと思うのは、タムデュー42Y。特に悪くは無いのだが、だからといって特筆すべき点もない。

 大ハズレと思うのは、最初の購入価格の問題と、期待度の大きさの問題であろう。思いっきり美味しくないと外れた気分になるのかもしれない。

 売れ筋で美味いものを探すのが重要なのだろうな。
 とは思いつつも・・・
 根がばくち打ちだからついつい・・・
 
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2007.04.10【日記】

箕面は鬼門

 天気の好さにつられて、箕面までチャリチャリ。

 カルフールをチェック。
 一応は決定したはずのドライフルーツのコーナーへ。
 何種類か新作を発見。購入。試食はまだ。

 カルフールの向かいは、ミルコート。
 思わず、酒を購入。チィン!ドヒャ!
 そんなに買った?????

 今月は残りの日々は水を飲んで暮らします。

 でも、もうちょっとすると、無茶おもろい企画がアップされるかも。



 
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2007.01.15【日記】

お客様との会話(その4)

 「なんか新しいの入った?」
 「色々入ったよ。62.14とか26.46とか」
 「ソサエティー以外では」
 「リンリスゴーの21Yも最近入ったよ」
 「もうちょっと安いのは」
 「入ってへんなー」
 「そんなことばっかりしてるから、客も入らへんねん」
 「う~む」
 「マスターの趣味で酒買うてるやろ」
 「美味い酒を買うてるで。ちゃんと売れてるし」
 「なんぼオフィシャルを廃止する言うても、限度があるで。グレンリベット頼んだらハイランダーインオリジナルとピュアレスだけやなんて」
 「どっちも美味いで」
 「高いがな」
 「そらそやけど」
 「お客さんの懐に合うたもんおいとかな」
 「安うて美味いもんを探して来いというこっちゃな」
 「それが一番お客さんに喜ばれるんとちゃうか」
 「そらそやけど、安うて美味いのはすぐに無くなるんや」
 「当たり前やんか」
 「次オーダーしたら輸入元が売り切れとんねん」
 「安いのやったら何本かまとめて取りいな」
 「俺の財布の状態は知ってるやろ」
 「想像は付くけどな」
 「まあ頑張ってチャリンコで走り回るわ」
 「風邪ひきなや。寒なってきたよってんな」
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2006.12.30【日記】

点・線・面・立体の法則

 何も知らない子供が、「これ何」とたずねる。「○○だよ」と教えてあげる。一つのである。

 べつのものにたいして、「これ何」とたずねる。「××だよ」と教えてあげる。もう一つのである。

 かりにそれが茶碗と箸だったとしよう。
 その子が、」ご飯を食べる時に使うものであるという共通点を見つけ出したら、この二つがで結ばれたことになる。

 次に、その子が皿を覚えたとする。茶碗と皿がものをよそう道具であると共通点を見つけ出したら、が二本になる。
 
 そして、皿の中のおかずも茶碗の中のご飯も箸で食べるという共通点を見つけ出したら、箸と茶碗と皿というが出来上がる。

 今度はスプーンを覚えてスープを飲むのに使うことを知ったとしよう。

 夕飯で、スープと豚カツが皿にご飯が茶碗に入っており、箸とスプーンが置かれていたら、スープをスプーンで飲み、豚カツとご飯は箸で食べる。ここで初めて四面体の立体が出来上がる。

 このあと一つ一つ覚えるごとに、立体は大きくなっていく。


 ウイスキーにおいても一緒で、飲んだことの無いウイスキーの点が増えれば増えるほど、知識を得れば得るほど、ウイスキーに関する立体が大きくなるのだ。

 飲めば飲むほど酔っ払いもするが・・・
COMMENT(5)
この記事を評価するGood3

2006.08.30【日記】

ウイスキー初心者

 ブログの中に、よく出現する言葉である。

 本当にそんなものが存在するのか?
 へりくだって表現されているのか?
 本当にそう思っているのか?

 ウイスキーは樽の数だけあると思っている。一樽一樽、全部違った酒である。世界中にいくつあるのか想像も付かない。作る人・選ぶ人・混ぜる人・売る人・買う人・飾る人・飲む人、それぞれの思いが込められたものが、1本のビンに凝縮され、グラスに分けられる。

 そのグラスの中身を、自分なりに噛み締めて、美味いと思えれば、その人はすでに初心者ではないだろう。たとえ、たった1種類のウイスキーしか飲んだことがなくても。すべての樽を味わえるのは、天使だけだ。なってみたい気もするが・・・。

 酒に対する知識はネット上にも本屋にも溢れているので、気力と時間があれば簡単に手に入る。バーには酒が溢れているので、色々なバーを巡って色々飲む金と時間があれば、味も香りも覚えられる。色々なウイスキーの知識も、飲んだ経験も多いに越したことはないが、少ないから初心者と言うわけではないと思う。

 真摯な態度でウイスキーに触れる

 この気持ちさえ持っていれば、初心者も上級者もない世界だ。

 

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2006.08.21【日記】

ウイスキーって何?

 あまり酒に詳しくないお客さんに、ウイスキーとブランデーの違いについて、「ビールを蒸留したらウイスキーで、ワインを蒸留したらブランデー」と説明したら、納得して帰っていかれた。

 このサイトを覗こうという、酒飲みの方々には、こんな説明では誰も満足してもらえないことは、重々承知しているつもりである。

 ビールに関してはWHOが、要約すると「麦芽とホップのみを原料とした発泡性のある醸造酒」という定義をしている。一応、これが世界標準といえる。しかし、ウイスキーに関しての定義は、探してみたが見当たらない。

 ウイスキーに関しては、イギリスはイギリス、アメリカはアメリカ、というように生産国ごとに勝手に、法律で規制している。5大ウイスキー全てウイスキーの定義が違う。日本の場合は、酒税法第3条に明記されているので、知りたい方はそちらを見てネ。(日本語とは思えない上、ウイスキーの説明じゃないよこれじゃ。)

 こうなると、「スコッチウイスキーは」とか、「×××ウイスキーは」とか、一々×××を付けないと語れないのだ。材料・糖化方法・発酵過程・蒸留方法・・・・・見事に×××ごとに異なるではないか。

 しかたがないので、全てのウイスキーに共通する項目を拾い上げてると、ウイスキーとは

 「穀物を原料とした蒸留酒で、木の樽で熟成させたもの」

 という結果になった。


 これだと、「百年の孤独」や「夢想仙楽」などの、シェリー樽熟成の焼酎の行方は・・・
 ウイスキーの仲間入り?

 やっぱり
  ウイスキーって何?
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2006.08.12【日記】

生(なま)

 この時期に、生は、即、ビール、に通ずる。野菜や春巻きは想像しにくい。

 しかし、ウイスキーをストレートで飲むのも、生ではないのかと考えている。水割り・ハイボール・オンザロックと冷やして飲むのと比較して、そのままはなのだ。

 実は、お客様にはウイスキーをニート(ストレート)で飲むように薦めている。きつくて飲めない場合には、冷えていない水のみ加えることを提案する。

 魚・肉・野菜など生で食べることはよくあるが、いずれも味を外から付ける。醤油であったりドレッシングであったり。ちょっと洗って丸かじりする方が野性的かもしれないが、魚を頭からそのままとか、口から血をたらしながら肉にかぶりつくとかする姿は、グロテスクに感じられる。ただ、その方がそのものの味を確認できるであろう。寿司屋さんなどで、板前さんが魚のヘタをそっと口に運ぶ姿は目にする。その時など、こやつできるな、という気にさせられるのは私だけだろうか。

 ウイスキーも生で

 こやつできるなの前に、こやつ酒飲みと思われないとは限らないが。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2006.08.04【日記】

この時期はハイボール

 ビールの気分でもなく、ジントニックの甘みも欲しくない時ってありませんか?
 ちょっとしたスッキリ感を味わいたい気分の時に、ハイボールなんていかがでしょう。

 あまり高級なウイスキーである必要はなく、グビグビ感覚で飲めるのものをチョイスしたい。炭酸で割ることで、アルコール特有のエステル臭がなくなり、ウイスキー本来の香りは鼻をくすぐってくれる。夏の1杯目にお奨め。

 私自身は、店ではタプローズ、他所ではジャックダニエルをハイボールで飲むことが多い。味も値段も安心感があり、単純にゴクゴクプハーで終わらないのが嬉しい。しばらくおしゃべりに熱中して、グラスの中が少しシュワッとするくらいに薄まっても、ウイスキーを飲んでいる気分になれるのもまたよい。

 水割り・オンザロック・ストレート以外にも、ウイスキーを楽しみませんか。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2006.08.03【日記】

世界で一番美味い酒

 カラカラののどにビール。
 造りの盛り合わせに日本酒。
 ちょっと臭めのチーズに赤ワイン。
 セイゴ(鱸の子供・関西地方特有の呼び名)の奉書焼に白ワイン。
 ポートワインにシェリー。
 ベーコンの角切り少し焙りにジン。
 生うに(できれば海水うに)にウオッカ。
 スモークチキンにテキーラ。
 ビターな生チョコにアルマニャック。
 冷ポタージュスープにコニャック。
 ドライフルーツ(アンズがあればベスト)にカナディアン。
 バター(1cm角)にアイリッシュ。
 岩塩にバーボン。
 トコブシの煮付けにジャパニーズ。
 塩豆にスコッチ。

 しかし、一度に全部試すのは無謀である。

 酒は文句なしに美味い。いつ飲んでも美味い。どこで飲んでも美味い。誰と飲んでも美味い。どんな理由をつけて飲んでも美味い。何を飲んでも美味い。どんな飲み方でも美味い。美味いものは誰がどう言おうと、スッゴク美味いのだ。

 この中から、世界一を決めるなんて・・・・・

 数年前、スコットランドへ社員研修(当店は私以外に働いている人はいない)に出かけた。ある晩、ダフタウンのパブで「ダフタウン」をオーダーしてみた。ところが、置いていないという。しかたないので、「モートラック」。これもない。その町の周りには10以上の蒸留所があるにもかかわらず、飲めたのはバルベニーとグレンフィディックの2種類のみ。少しガッカリ。
 会話を聞いていたそのパブのお客さん(実はダフタウン蒸留所にお勤め)が、なぜそんなにモルトに詳しいのかと尋ねてきた。そこで、店の写真を見せて、自分はバーマンで約100の蒸留所のモルトを持っており、せっかくこの町へ来たのだから、この町の近くの蒸留所の酒を飲んでみたい旨を伝えた(つもり)。
 すると、今まで飲んだ内で最も美味い酒は何かと尋ねられた。とっさに思いついた答えは

   お客様にご馳走になる酒



 なんとジョークがジョークでなくなった。その日その店にいたお客が、一人1杯づつご馳走してくれた。自分で飲んだ3杯と合わせて、都合17杯。朝気付くとBBのベッド。当然ハングオーバー。
 これも研修の一環か?


 
 

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1

2006.07.30【日記】

ウィスキーをちょっと

 酒を何処で飲みますか?
 酒をどんな時に飲みますか?
 酒を誰と一緒に飲ますか?
 酒を何をつまみに飲みますか?
 酒はどうやって飲みますか?

 この5つの飲みますか?の答えを頭中に描いてください。

 次に酒をウイスキーに置き換えて答えを頭中に描いてください。


 立ち飲み屋で、会社の帰りに、同僚と、冷奴をつまみに、生ビールをグビグビと、飲む。
 フランス料理店で、彼女の誕生日に、彼女と、アラカルトをつまみに、ワインをスーと、飲む。
 小料理屋で、夕食をかねて、一人、珍味をつまみに、純米大吟醸をぬる燗でチビチビと、飲む。
 居酒屋で、三々五々集まって、気のあう仲間と、いろんなつまみを前に、焼酎を水割りでガバガバと、飲む。
 家で、子供が塾から帰ってきたら、家族と一緒に、手料理をつまみに、発泡酒をゴクゴクと、飲む。
 
 スナックで、だいぶ酔ってから、おねーちゃんと、カラオケをつまみに、ウイスキーを水割りでチョボチョボと、飲む。

 なんて、頭に浮かびません?


バーで、
       食事の前に、
               一人で、
                      会話をつまみに、

       ウイスキーをストレートでチビリチビリ

 
    飲む。  なんてかっこいいとは思いませんか?
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

comemas

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧