Bar.come(大阪・十三のモルトバー)

阪急十三の東口を出てまっすぐ東へ商店街を抜けると、見慣れないボトルがぞろぞろ並んでいます。 コールバーンやノースポートやローズバンクといったポピュラーなもの(笑)から、キンクレースやレディーバーンといったレアなものまで取り揃えております。単にモルトを注ぐだけの店です。 つまみは塩豆のみしか用意していませんので、持ち込みは常識の範囲で自由です。 安心してドアを開けてください。

2013.01.08【イベントレポート】

ポートエレン飲み比べのお知らせ

場所 : Bar.Come

時間 : 16:00~

種類 : OMC FINAL VINTAGE 22Y
     SIGNATORY VINTAGE 1978
     AULD DISTILLERS COLLECTION 22Y
     PROVENANCE 23Y
     他 2種類 各15ml

会費 : \10,000

人数 : 9名

備考 : ポートエレンは1983年に閉鎖され、現在はモルトマスターとなっている。
     ポトスチルは取り外されており、再会は期待できそうにない。
     最近は価格も高騰してきており、リリースされる本数も減ってきている。
     アイラ島の中では非常に上品な香りと味は、一飲の価値がある。
     まとめて6種類が飲み比べできるこの機会に、ぜひお試し下さい。
この記事を評価するGood1

2008.06.07【日記】

大当たり

 パチンコ屋に入ったら、¥500で大当たり。16連チャンもしてしまいウハウハ。

 即、酒屋にゴー。

 エイヤーで買いたかった酒を入手。

 テイスティングしたら、これまた大当たり。

 当たって欲しいのは3億円。

 抽選日を過ぎれば宝くじが只のカラクジに化ける。

 抽選発表の後店が閉まっていたら、3億円が当たった、もしくは、落胆のあまり自殺したのいずれかです。


 こんなところで公表したら嫁にばれる。
 へそくりが没収されることに・・・
COMMENT(1)
この記事を評価するGood

2008.06.04【日記】

お買い上げ

 何でもかんでもお買い上げできるようになりたいものだが、宝くじでも当たらぬ限り、夢のまた夢。
 今までどうやって酒を選んできたのか、よ~く考えてみた。

 第1にチェックするポイントは、何と言っても価格。ショットいくらで売ることになるかを考える。その値段で売る自信が有るかどうかが問題である。
 メジャー蒸留所だからとかマイナー蒸留所だからとかは、あまり大きな問題ではない。

 第2は、その蒸留所の特徴。店内にあるものと重複しない系統の物をチョイスする。
 アイラ系が弱くなっているとアイラ系に重点を置く。当たり前といえば当たり前すぎる話。

 第3は、ボトラーズがどこであるか。ハズレを引いた痛い経験のある所は、ついつい敬遠しがちになる。
 オフィシャルも一つのボトラーであると考えるようになってきた。コストパフォーマンスという観点から、大手輸入代理店経由のものは入れなくなってしまっている。為替のリスクヘッジをしすぎているのではないかと思われてならない。ただ、量販店などで正規輸入にもかかわらず、とてつもなく安くで販売されていたらついつい購入してしまう。

 第4は、インポーター。
 今までの取引を維持しているだけではなく、新しいボトラーの物を入れたり、樽買いして自社ブランドで販売したりと、前向きに取り組んでいる業者に対しては応援してあげたくなる。私がいくら応援したところで屁のつっぱりにもならない事は重々承知の上で、お客様に勧めるときに「このインポーターは最近よく頑張っているんですよ。」などと注釈を付けてみたりする。
 もちろん昔からずーっと頑張っているインポーターも、面白い物を持っているので、チェックは怠らない。
 金でほっぺたをはたいて買い付けているようなインポーターの物は、なんとなく避けているように思う。

 第5は、樽が何か。これも店内にあるものと重複しない系統の物をチョイスする。
 バーボン樽の物が減っていればバーボン樽の物を購入する。これも当たり前といえば当たり前すぎる話。

 第6は、熟成年数。とくに樽詰めの年を気にする。
 60年代と70年代~80年代前半とそれ以降によって、同じ蒸留所でも違いがあるように思えてならない。古くに樽詰めされた物は、必然的に熟成年数も長くなっている事が多いので、一概に言い切ることは出来ないとは思う。

 第7は、ストレングス。加水されているかどうかをチェックするが、そんなに重要視はしていない。
 できればシングルカスク・カスクストレングであるほうが望ましいが、他の条件を満たした上でそれを求めるのは欲深すぎる。

 もう一つ重要なポイントは、試飲したことのある物で良かった物は、当然お買い上げである。



 その前に、中古の1万円札の印刷機を購入するのが良いかも(笑)。
 売っているところをご存じの方がありましたら、オーナーにメールでお知らせください。お礼は試し刷りした物で・・・。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2008.03.17【日記】

閉鎖蒸留所

 昨日、阪急メンズ館1Fに出かけた。
 正面玄関を入ってすぐの場所に、モルトウイスキーが並んでいてびっくり。
 見慣れた顔が並んでいた。

 そこで、次回の「モルトを楽しむ会」のテーマである閉鎖蒸留所を話題にしたら、取り壊されたり、ポットスチルが取り払われたりして、絶対に再開しない蒸留所のものを集めてみてはどうかという提案を受けた。

 なるほど、それも面白そうである。
 で、ボトルは何本かはある。無いのはポートエレン。量が足らないのがローズバンク。
 この2蒸留所は入手可能だと思われる上、残っても問題のない酒である。

 期日までにもう一度、鬼門に近づくしかなさそうである。
 その時は財布にはお金を入れずに出かけることを忘れてはならない。
COMMENT(1)
この記事を評価するGood

2008.03.11【日記】

閉鎖蒸留所

 次回の「モルトを楽しむ会」のテーマである。

 思いつく所だけでも数カ所はあったし、新規にボトルを購入するまでもなく、十分に5本そろえることは可能である。
 しかし、¥5000の予算で5杯となると・・・

 まだまだ日はあるので、お値頃のボトルを探すしかない。
 何本か候補は見つけてあるが、当店の名物「閑古鳥」様に請求するわけにもいかないので、週末ごとに行われる「畜生に他人が乗って駆けっこする博打」にでも期待するしかなさそうである。

 どっかに良い情報が落ちていたらお知らせ下さい。
 その結果如何により、会費が変動するかも(笑)
 


 当然、高くなる可能性も含んでおります(爆)
COMMENT(3)
この記事を評価するGood

2007.06.30【日記】

プルトニー

 こんなに美味いモルトがあっていいのか?

 好きな蒸留所はいっぱいある。
 苦手な蒸留所も少しはある。
 何時飲んでも安心できる蒸留所は少ない。

 が、そんな中のひとつに、プルトニーが上げられる。

 バカ高くて美味いのは当たり前。
 そこそこで美味いものを求めている。
 安くて美味ければ文句は無いが・・・

 そこで、オフィシャル排除作戦も考え物であると思い出した。
 12Yのオフィシャルでも、コストパフォーマンスのいいモルトもたくさんあることに気付いた。
 遅すぎの感は否めないが・・・

 超有名と言われる蒸留所でもハズレはあるし、マイナーでも当たりはある。
 ボトラーズにほとんど流れない蒸留所もある。
 そんなことは前から分かっているのだが、コストパフォーマンスを考えてしまうと、ボトラーズに偏りがちである。

 またもう一つの問題点は、私の好みがそのままお客様の好みと一致するわけはないということである。
 ついつい自分の好みで酒を選んでいるのではないかと、反省することも多々ある。
 さらに、ある程度高価だと思う酒でも、美味いもんは美味いんじゃーというノリもある。

 そんななかで、自分が大好きと言うだけでなく、プルトニーでハズレを飲んだことがない。
 好きだからそう感じるのではないと思う。
 長熟ものは27Yが最高で、超長熟は飲んだことがないのでなんともいえない。

 プルトニー万歳!
COMMENT(5)
この記事を評価するGood

2007.06.22【日記】

ダフタウン

 今日、あるお客様から「ダフタウンありますか?」というオーダーを受けた。
 喜んで3種類のダフタウンを並べたら、驚かれてしまった。

 普通って何?

 ボーモアはハイランダーインの40Yしかない店って、やっぱり異常だと感じる。
 ノーマルでないことは分かっちゃいるけど・・・
 じゃあ、どうすればいいのか見当が付かないのも事実だ。

 もう少し、酒屋と大家の為に働くか。
COMMENT(3)
この記事を評価するGood

2007.06.21【日記】

7月中旬に・・・

 8本入荷予定。

 今月は2本入ってくる予定。

 今月も酒屋と大家のためだけに働いてきたような気がしてならない。

 ワイン・カクテルどちらから始めようかな?
 店も変化していかねば。
 モルトが増え続けるのもいいのだが。

 欲しいモルトがありすぎるのが問題かと思われるが、追求すればするほどはまっていく世界であることだけは間違いない。追っかけ続けて、顎が出てきた感がぬぐえない。絞り込みも大切なのかな?

 
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2007.06.04【日記】

グレングラッソー&クライゲラヒ

 思わず買ってしまった。
 二三日内には届く予定はいいのだが・・・、先立つものが・・・(汗!)

 クーラーの調子もあまりよくない様子。
 いくらかかるやら・・・(汗^2)

 我が家にワインクーラーが届くようです。
 ワインも順次運ばれてくるのでしょう。

 近いうちにダブルベッドも届くようです。
 何処に置くのでしょう?
 私は立ったまま寝なくてはいけないのでは(笑)

 近々、大阪までは届いている、余市も届く予定です。
 今月は何本増えて、何本減るのかな?

 家と店とを混同してるようです。
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2007.04.11【日記】

むちゃ美味い

 購入したモルト群のテイスティングをした。
 おかげで、酔っ払った。
 でも、抜群のモルトがいた。
 
 中身は内緒にしたいところだが・・・・
 レアモルトシリーズのノースポート20Yは美味すぎる。
 
 一気に10杯のテイスティングをしたが、抜群。
 売ることを止めたくなる美味さってあるものだ。
 開封したては、どうしても溶剤臭が少しあるが、しばらく経つとなくなるように思う。
 増してや、今は無き蒸留所。二度目がある確証は無い。

 う~む。
 売るべきか売らざるべきか。 
 それが問題だ!
 
COMMENT(9)
この記事を評価するGood

2007.04.07【日記】

グレンロッシー

 SMWSの冬の試飲会でなかなかよかったボトルである。
 春の新作は、20日を過ぎるとのことなので、『第3回モルトを楽しむ会』には間に合わず、欲しい物も、ドライフルーツに合うと思えず、少し前のボトルを購入することにした。

 どうしてもという訳ではないのだが、オフィシャルを1種類と、SMWSから1種類は飲んでいただくようにしようと思っている。
 オフィシャルは、何時飲んでも同じ味だと安心できる部分が素晴らしい。デザインや熟成年数が変った時に、味や香りが変化するように思える。
 その点SMWSのボトルは全てシングルカスクなので、同じ蒸留所の物でも毎回味も香りも違うところに楽しみがある。
 ボトラーズの物もどちらかというとSMWSに近い気がする。

 次回のモルトを楽しむ会に出す酒も、3種類は決定。
 残る2種類の入手を急がねば・・・

 今回は14日(土)・15日(日)の2日間です。どちらもガラガラです。どしどし、ご参加ください。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2007.03.19【日記】

好みか?

 アイラは飲めないというお客さんに、ブルイックラディー40Yを少し注いだら、これはアイラと違うという。


 確かにアイラ臭はほとんどしないのだが、しっかりアイラの酒だ。
 騙している訳ではない。
 単に長熟と言うだけである。

 確かにヨーチンの臭いは、熟成が長くなるに連れ薄まっっていくように思える。
 また、それがフルーツの香りに化けていく気がしてならない。
 

 3Y~5Yぐらいのアイラを飲むと、こやつらもヨーチンの臭いは少ないように思う。

 アイラ島のモルトって独特?
COMMENT(7)
この記事を評価するGood

2007.02.20【日記】

オフィシャル排除作戦

 2月23日(金)~25(日)までの3日間に限り、
 オフィシャルボトル半額セールを行います。

 ただし、チケットのご利用はご勘弁ください。

 3月の引越し費用捻出のためです。ご協力くださいませ。
COMMENT(6)
この記事を評価するGood

2007.02.19【日記】

Single Western Isies Malt

 という分からんモルトを見つけた。

 当然、購入。

 ジャパンインポートシステムさんが輸入している。

 表に、スコットランドの地図が書いてあり、タリスカとトバモリーとジュラとオーバンがポットスチルで表されている。
 裏のラベルは英語ではないので、読めない。

 開栓前の予想ではレダイグかと思っているのだが、誰が開けてくれるかな?
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2007.02.11【日記】

モルトを楽しむ会報告

 今日は第1回の『モルトを楽しむ会』を開催させていただいた。

 か様・ま様・よ様・majima様・morupon様・maetel様の6名が参加。

 お出ししたチョコレートは3種類。
 トリフが熱気で溶けてしまい、爪楊枝で食べるしかない生チョコ状態。
 大失敗。

 酒は、5種類をハーフで用意した。

 Glenkinchiie 10Y (Ofishyal Oldボトル)
 SMWS 125.5 11Y (グレンモーレンジ)
 Gren Mhor 29Y (Duncan Talor Rarest of the Rare)
Isle of Jura 21Y (Whiskey Live Tokyo 2006)
Invergordon 40Y (Duncan Talor Pualess Grain)

 2時間半の予定であったが、ハーフショットでは、1杯当たり15分しか持たず、結局1時間半で試飲終了。
 
 お客様のグラスが空くから、次に進むしかない。

 私も初めての企画で、戸惑いながらもなんとか進行させていただいた。
 日ごろお客様でこられ、いつもの調子で飲みながら話をするのではなく、『チョコレートに合うモルト』というテーマを決めて、酒をチョイスし、それについて説明しながら、会を進行していくことの難しさを実感した。

 3種類のチョコレートも、実は1種類しか事前に食べておらず(甘いものは苦手です)、そのチョコレートに合わせて5種類のモルトウイスキーを選択したので、説明も四苦八苦。
 それぞれ食べて方からコメントを頂きながらの会の進行となった。

 終ってから、morupon様の持込のチョコレートに合わせて、急遽Daluaineをハーフ2杯回しのみ状態で追加。
 チョコレートも素晴らしかったが、このチョイスも間違っていなかったようで、参加者の皆様からは、一応モルトバーのマスターであることを認めていただけた様子。ちょっと安心。

 maetel様からは山崎18Y入りの生チョコを持ち込んでいただいたが、どこが山崎か分からずじまい。(maetel様ごめんなさい)

 終ってから、追加の注文を頂きながら、平常心で対応させて頂いた。
 色々な意見も聞かせて頂き、次回は3月11日(日)に開催予定が決定。
 
 テーマは『スモーク』。

 参加者の皆様に満足していただけたのかどうか自信はないが、皆様の顔を見る限り失敗ではなかったような気がする。

 参加者の皆様。ありがとうございました。つたない説明で、ぶっつけ本番ではありましたが、楽しんでいただけたと確信しております。ぜひ次回もご参加ください。

 しかし、私の実感は『美味い酒は何と飲んでも美味い』

 チャンチャン!

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2007.01.26【日記】

リフィールシェリー

 コテコテでも美味しいモルトはたくさんあるが、リフィールシェリーが大好きだ。

 最近入手した物の中では、クライヌリッシュの18Y。シグナトリーのカスク・ストレングス・コレクションなのだが、文句無く美味い。リフィールシェリーの甘さとシェリー香が、私を酔わせてくれる。ベタ惚れ状態。(飲みたい人は早く来てね!自家消費が多そうなので。)

 若くも無く、老けてもいない感覚もいい。
 30Yオーバーでは感じ取れないピチピチさがあるのだ。

 ダンカンテーラーもすごい樽をボトリングしているが、シグナトリーやキングスバリー、ハートブラザースなどもいいボトルを続々出してくる。

 シェリー樽がモルトウイスキーの基本であるように思っている私としては、いいリフィールシェリーに出会うとウキウキしてしまう。

 久しぶりに試飲せずに買って、ホームランという気分を味わった。


 
COMMENT(6)
この記事を評価するGood

2007.01.16【日記】

蕎麦とモルト

 豊中市役所の南側に、「新保屋」というお蕎麦屋さんがある。福井で修行をされて、今の店をオープンされた。ここの「おろし蕎麦」が抜群に美味しい。大根おろしがたっぷり入っており、宿酔の日には胃にやさしい。まずは二八で中盛りを頂く。その後、十割の「盛り蕎麦」を小盛りで頂いた。
 なんて贅沢な昼ごはんなんだろう。

 せっかく岡町までチャリンコで行ったのだから、佐藤酒店さんに新年のご挨拶に寄った。
 当然、手ぶらで帰ってくるわけは無く、「スモークヘッド」と「ピートリーク」の二本をゲット。
 どちらもアイラのシングルモルトなのだが、中身は飲んでのお楽しみということにしておこう。
 ついでに、昨日お客様に指摘されたように、安くて美味い酒をオーダーしてきた。
 今月は、財布の都合上購入できないが、来月には入手予定。
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2007.01.09【日記】

1杯目の選択

 夕飯のときに焼酎を2~3杯ほど飲むことが多い。
 近所の居酒屋「繁樹」か隣のお好み焼き屋「フラミンゴ」かのいずれかで夕飯を取るのが習慣になってきた。

 そのあと、店での1杯目はいつも悩んでしまう。
 その日に何杯飲むのかは私の知るところではない。飲みたければ飲む。飲みたくなければ飲まないだけなのだが、飲みたくないことなどありえないだけだ。

 もちろん最後に食べたものによって選択するのだが、いきなりアイラから始めるのも考え物である。
 後に続ける酒が限られてくるからだ。
 そうそう長熟のものばかりも飲むわけにもいかない。
 
 便利なウイスキーがあるにはある。タプローズだ。ブレンディッドだが、ハイボールにしても美味しいし、そのままでも美味しい。5樽のうち、半分は自分で消費しているような気がする。お客様から頂くのもいつもこの酒である。

 今日は目を瞑って手に当たった酒からスタートしようかな。
COMMENT(7)
この記事を評価するGood

2006.10.25【日記】

売る酒が無い

アバフェルディー・ベンウィビス・ブラッドノック・ブレイヴァル・コールバーン・コンバルモア・ディーンストーン・グレンカダム・グレネスク・グレンフラグラー・グレングラッソー・グレンキンチー・グレンスコシア・グレンタレット・グレンアギー・インチガワー・インバーリーブン・キニンビー・ノッカンドォ・オールドプルトニー・ピティュビアック・ロイアルブラクラ・セント マグデラン・ストラスミル・タムナブーリン

 以上25蒸留所のモルトウイスキーが店に無い。

 まず入手不可能な物が5種類。あとはなんとかなりそうなので、順番に購入の予定。

 酒屋の皆さんへ。
 このブログを読んだら、営業努力をお願いします。
COMMENT(3)
この記事を評価するGood

2006.10.19【日記】

ドッカーン

 ドッカーンと76種類のスコッチウイスキーが店に来ました。

 先日の英国展で飲み損ねた方。全部そろってます。お値段は少し?大分?アップしましたが。

 明日、第2弾ドッカーンが起こります。約50種類のSMWSのボトルが店に来ます。


 オフィシャルボトル排除作戦

 3年掛りの、バックバーをスコッチモルトで埋め尽くす作戦計画は、無事終了。次の作戦はコレッキャナイと考えました。

 もちろん、ビンテージ物のオフィシャルボトルは置きます。
 グレンリベットの12Yも置きます。味と香りを確認するための基準になるモルトウイスキーとして。

 でも、こんなオバカな作戦を実行して、店は潰れないのでしょうか?
COMMENT(13)
この記事を評価するGood

プロフィール

comemas

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧