お酒検索LIQUOR

  • ワイン
  • 白ワイン

La Raia Gavi 2017

(ラ・ライア ガヴィ 2017)

産地 : イタリア/ピエモンテ 葡萄品種 : コルテーゼ100% ピエモンテを代表する白ワインなのに一時期のソアヴェのように衰退してしまった「ガヴィ」。組合による買取り葡萄で造られた低品質大量生産のガヴィは同じワインで色々なラベルで販売されている。そんな中、ビオディナミ+現代醸造で進化する『ガヴィ』低迷するガヴィの中で一気に評価を挙げている造り手。循環型エコシステムの中でビオディナミを実践。新しい形の カンティーナとして精力的に品質向上に取り組んでいる。 『コルテーゼは酸化に弱い品種なので、そもそも大量生産に向かない。大量生産を可能にするのが亜硫酸だった。同時に亜硫酸はコルテーゼの品種由来の香を奪ってしまう。ガヴィの個性は表現できないのでガヴィの評価は下がっていった』しかし彼等の「ガヴィ」はコルテーゼの香がある。 2007年、イタリアでは 38のカンティーナしか取得していない自然環境保全認証団体「デメテル」の認証を取得した「ラ・ライア」植樹率 4.500本/ha。 『コルテーゼは酸化に弱い品種。最適なタイミングで収穫し、迅速に醸造しないとコルテーゼ本来の香は表現できない』収穫は全て手作業で行われる。果皮が破れると酸化が始まるのでコルテーゼは手作業での収穫しかできない。 酸化によって品種由来の香は無くなってしまう。朝の気温の低い時間帯に収穫、温度を上げずに圧搾。ステンレスタンクに投入される。この段階で亜硫酸は使わない。 『コルテーゼは低めの発酵温度が重要。香が飛ばないようにする。発酵後は3ヶ月程度シュール・リー。長すぎるとコルテーゼの香をマスクしてしまう』 9月中旬に手収穫。全ての葡萄はデメテルの認証を受けた畑から。ステンレスタンクで18度程度から定温発酵。3ヶ月程度シュール・リー。

メーカー La Raia ブランド
原産国 イタリア 原産地 -
製造年 2017 ボトリング年
熟成年数 発売日
アルコール度数 13.5% 容量 750ml
製造元
商品情報提供者: 株式会社武蔵屋 さん

このお酒を人に教えたいと思ったら
ボタンをクリック

おすすめ

0

ピックアップ店舗・企業