お酒検索LIQUOR

ドメーヌ オニョアス 1968 バコ for THE BOW BAR & SHINANOYA
  • ブランデー
  • アルマニャック

ドメーヌ オニョアス 1968 バコ for THE BOW BAR & SHINANOYA

 ドメーヌ・オニョアスは1780年創業の最も古いアルマニャック生産者の1つ。  バ・アルマニャックの中でも、現地生産者の間でグラン・バ・アルマニャックと評される黄金地帯のエリアに50haの自社畑を持ち、すべて自社畑から収穫される葡萄のみでアルマニャック原酒を生産しています。  特筆すべきは、ドメーヌ・ボワニエルなど名門も採用していた、今はなきクラフトメーカーSIER社の手掛けたアルマニャック生産者の中では最も古い1804年製の蒸留機であり、現在も現役として蒸留を行なっています。このため今となっては珍しい薪での直火を熱源に使用し、200年以上も伝統の味わいを生み出し続けています。  札幌の名店THE BOW BARのオーナーバーテンダー・本間純矢氏が現地に通いつめ、生産者、信濃屋と共に厳選された今回の1樽は50年もの間、目覚めの時を待ち続けた1968VT。 半世紀の歴史を経て飲み頃の頂点に達した老舗ドメーヌの秘蔵古酒をご案内。50年もの熟成期間のようにゆっくりと味わって頂きたい1本。  入り口はとてもマイルド。黒糖、イチジク、シナモン、カカオ、干し葡萄など複雑でふくよかな貴熟(ランシオ)香。  口に含むと、ほのかな酸から入り、厚みのある甘やかな葡萄感は正に秀逸です。  長期熟成により、更に果実味を増すアルマニャックの固有葡萄品種であるバコが50年もの時を経て、その高いポテンシャルを開花させた見事な出来映えの1本。  (Tasted by THE BOW BAR オーナーバーマン 本間純矢氏)

メーカー ブランド
原産国 フランス 原産地
製造年 1968 ボトリング年 2018
熟成年数 発売日
アルコール度数 700ml 容量 42.0%
製造元
商品情報提供者: SHINANOYA さん

このお酒を人に教えたいと思ったら
ボタンをクリック

おすすめ

0