お酒検索LIQUOR

ジャマイカ ハンプデン 2000 18年 バレル#23 for Bar finch KARIYA
  • スピリッツ
  • ラム

ジャマイカ ハンプデン 2000 18年 バレル#23 for Bar finch KARIYA

 愛知・刈谷の人気店・Bar finchと京都の名店・Rum and Whiskyの手によるオリジナルラム。  老舗ボトラーBerry Bros.& Ruddのストックより、Bar finchオーナー・ラムコンシェルジュの長谷川氏とRum and Whiskyオーナーバーテンダーの定元氏が選び抜いた3本による同時リリースです。  Bar finchボトルの1つに選ばれたのは南太平洋のフィジーで唯一の蒸留所となるサウスパシフィック蒸留所の原酒。  基本的にはボトラーからのリリースでしかその味わいを知ることが出来ない蒸留所ですが、ラムに注力するボトラーからの注目度は高く、中熟の旬を感じさせる15年エイジングは大いに期待のおける存在です。  ラベルにはイラ愛知・刈谷の人気店・Bar finchと京都の名店・Rum and Whiskyの手によるオリジナルラム。  老舗ボトラーBerry Bros.& Ruddのストックより、Bar finchオーナー・ラムコンシェルジュの長谷川氏とRum and Whiskyオーナーバーテンダーの定元氏が選び抜いた3本による同時リリースです。  Bar finchボトルの1つに選ばれたのはジャマイカのハンプデン蒸留所の1樽。50-1600エステルまでのハイエステルラムを造っていることで、有名でもあり、中には200年以上使われ続けているものもあるという木製の発酵槽で、天然酵母による、自然発酵を行っている数少ない蒸留所でもあります。  ボトラーリリースでもその飲み応えある持ち味は欧州市場で人気を集めています。  長期熟成レンジに向かう18年熟成は一つの完成形といえる仕上がり。ラムファンならずともぜひ飲んでおいて欲しい1本です。  ラベルにはイラストレーター、画家の下田昌克氏が特別に描き下ろした1枚が採用されています。  ---Tasting Note---  香り 完熟した洋梨とバナナ、鰹出汁。白木の柱の清涼感。焦がしたカラメルと有機溶媒。  味わい 濃厚パイナップル・ジュースとオイル漬けのアンチョビ・オリーブ。薄めた海水。僅かにミントとホワイト・ペッパー。  フィニッシュ 強い旨みを伴ったオイリーな余韻。  コメント ヨーロッパで大人気のハムデン蒸留所の樽出し原酒が日本上陸。連綿と受け継がれてきた酵母による長期間発酵で、強烈にエステリーな香りと複雑な深い味わいを身につけた。 魚介と発酵食品の国、日本のラム市場にぴったりの個性的な一本。  (Tasted by Rum and Whisky オーナーバーテンダー 定元学氏)ています。

メーカー ブランド
原産国 ジャマイカ 原産地
製造年 2000 ボトリング年
熟成年数 18年 発売日
アルコール度数 55% 容量 700ml
製造元
商品情報提供者: SHINANOYA さん

このお酒を人に教えたいと思ったら
ボタンをクリック

おすすめ

5