お酒検索LIQUOR

  • ワイン
  • 赤ワイン

La Stoppa Emilia Rosso Macchiona 2005

(ラ・ストッパ エミリア・ロッソ・マッキオーナ IGT 2005)

産地:イタリア/エミリア・ロマーニャ 葡萄品種:バルベーラ50%、ボナルダ50% 生産地域:Colli Piacentini 標高は250m 程度。粘土、泥灰岩に砂地とバラエティに富む。 醸造:仕立てはグイヨ。20~40年樹。4000~6000/ha の密植。収穫は9月中旬。ステンレスタンクにて20日間スキンコンタクト、発酵は温度管理をほとんどしない。10ヘクトリットルまたは20ヘクトリットルの大樽で12ヶ月間熟成。その後、ボトル内で納得がいくまで熟成させてから出荷する。 テイスティング:完璧なまでに馴染んでいるワイン。ラ・ストッパの特徴とも言うべき長い熟成期間によってこのセパージュのワインとしては例外的な余韻の長さ、満足感を与えてくれる。フレッシュな果実の存在はなく、バルベーラの練れた果実の甘味、熟成による削がれた果実、葡萄の質の高さからしっかりとした骨格を得ている。決して主張することはないが、完璧なまでにバランスした構成。品種や地域性を本当の意味で表現しているワインと言えるが、それ以上にワインとしての完成度の高さを楽しんでもらいたい。

メーカー La Stoppa ブランド
原産国 イタリア 原産地 -
製造年 2005 ボトリング年
熟成年数 発売日
アルコール度数 14% 容量 750ml
製造元
商品情報提供者: 株式会社武蔵屋 さん

このお酒を人に教えたいと思ったら
ボタンをクリック

おすすめ

0

ピックアップ店舗・企業