whiskycat1494

シングルモルトの魅力を伝える昭和町の小さなバー

2019.01.27【日記】

ラム礼賛

コニャニャチハ〜・・・美味しいボトルをご紹介する猫バー専属バイヤー参段ですう~ん・・・ラム礼賛


という事で皆様に美味しいラム酒をご紹介します



さてそれでは早速!


ジャン!

写真左より
サバンナ インテンス トラディショナル・ビュー 2001(1500円)
キューバンラム 1998 20年キングスバリー(1900円)





入荷!!


サバンナ インテンス トラディショナル・ビュー 2001とは・・・
産地 : フランス海外県レユニオン
古くからラムを樽で販売していたサバンナ蒸留所より、オリジナルのサバンナラムが初めて発売されたのは2002年のこと。今回のインテンスはその前年2001年に蒸留されたシングルカスク・ラムです。
輸入元の株式会社ジャパンインポートシステムではマルティニーク島やグアダループ島などフランス海外県産のラムを多数取り扱っており、中でも隠れた逸品ともいうべき味わい深いラムなのです。
ラベルには蒸留年や瓶詰年、ボトリングナンバーやカスクナンバーが明記され、IWSCでは銀賞を受賞しています。熟成は4年間ですが、グラスから立ち昇る官能的な香りは、きっと皆さまを魅了するでしょう。

キューバンラム 1998 20年とは・・・

ラムの名店が選ぶラム
全国有数のラムBAR、
銀座・Bar Lamp  中山 篤志氏
京都・Rum and Whisky  定元 学氏
福岡・Bar Rummy  利光 富宏氏
がセレクトした珠玉のシングルカスク・ラム

ラムの世界に深く通じ、ラムシーンの第一線で活躍する3者が、
その魅力をより広く伝えるべくリリースされる注目のジョイントボトル

選ばれたのはバレル熟成のキューバンラム。
20年という長期熟成を経て、樽から瓶詰めされたのはわずかに115本のみ

ラムの世界においても希少化&高騰しつつある、
90年代ヴィンテージ。
この価格帯で買えるのは、今後、難しくなっていくことは必至となります。

どうぞこの機会に、貴重なヴィンテージラムをお楽しみ下さい。

<Rum and Whisky 定元氏:テイスティング>
香り:ドライアプリコットの甘さと柚子皮の酸
   粗糖と出汁昆布。松の樹皮と百合の花粉。ミントのアクセント。

味 :熟成シャンパーニュの甘さと複雑さ
   塩茹でした料理用バナナとダーティー・マティーニ。
   上質なレバーペーストのほろ苦さ。

余韻:艶っぽい白粉と、刺激的なスティルトンの余韻。
   温めた蜜柑の優しい残り香

総合:キューバで最も辛口なラムを生産するサンクティ・スピリトゥス蒸溜所の樽出し原酒。
   歴代でも特に高度数のこの樽は、キューバ特有のロン・リヘロ(ライト・ラム)よりは
   むしろ英領のそれに近く、モルトマニアにもおすすめできる傑出した一本

   名門キングスバリー社より国内初のプライベートカスクとして、自信の逸品です。




その他詳しい事はわかりませんが詳細につきましてはググッて頂くか京都まで行ってラム&ウイスキーのマスターにお尋ね下さい


これらはフランス領とキューバンラムの違いはありますが、ラム酒の個性と面白さを感じ取れるグッドドラムindecision


ラムは個人の趣味嗜好に大きく左右される嗜好品ですが猫マスターが美味しいと言うラムは本当に美味いのか?


こればっかりは・・・
飲んでみなけりゃわからない!


これはとにかく一杯飲んどかないと



それでは今宵の猫バーでお待ち申し上げております


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

BARwhiskycat1494

ブログ内記事検索

  • 2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧