【SHINANOYA SAKEDORI SHOP】

"SHINANOYA NET SHOP"(信濃屋ネットショップ)の新着情報やリリース予告など、 みなさまに役立つ情報を随時ご紹介していきます!

2018.09.12【商品紹介】

【SHINANOYA プライベートボトル新作リリース予告 September.2018 vol.2】SIGNATORY モストウィー 1979 37年 バーボンバレル#14572 FOR SHINANOYA

お世話になっております。
SHINANOYA NET SHOP
管理人の柳生です。
-------------------------------------------
本日のナイトブログは
【プライベートボトル新作リリース予告
でお届けします♪
-------------------------------------------

今回は4大ボトラーからのプライベートボトリング。

ファーストリリースとなった
前作の2本も高い評価を頂きました♪

弊社スピリッツバイヤーの北梶が
直接スコットランドを訪れ、
生産者と共に厳選したカスク。

その豊富なリリース力を体現するかのごとく
今回も2樽同時での公開となります!

第3弾リリースの看板を掲げた1本は
秩父・香港・札幌で開催してきた
今年の北梶のマスタークラスでもご提案し、

スペイサイドリージョン1973、グレンエルギン1975といった
強豪スペックに引けを取らず1番人気を競った秀作。

 

先月リリースした
 
”同じ系譜”を持った今年の目玉ラインナップより
いよいよ2本目のご紹介でもあります!


『それでは参りましょう↓↓↓』

160本限定発売
SIGNATORY×SHINANOYA 3rd

Toropical Fruits Parfait

SIGNATORY
MOSSTOWIE [1979] 37YO
BOURBON BARREL #14572
FOR SHINANOYA

700ml/45.2%vol./160 btls/excl  tax 39,900yen

(上記価格は税抜です。税込43,092円 incl tax 43,092 yen)


シグナトリーヴィンテージ社は1988年にサイミントン兄弟により創業。
当時、ケイデンヘッド、GM、イアンマクロード、旧ダグラスレイン
といった有力ボトラー達がひしめき合うなかで、
今や定着したノンチルフィルター・ノンカラーリングにこだわり、
多くのモルトファンの信頼を獲得していきました。

また、シングルカスク・カスクストレングスのリリースでは
ラベルに詳細なカスクのスペックを記載するなど
今のボトラーボトルのトレンドを浸透させたパイオニアとして
1990年代からのシングルモルトブームを牽引しています。

そうした取り組みと評価を通して、
今や4大ボトラーの一角に名を連ねており、
日本市場では半期に1度のインデントを中心に、
強大なストック力を表す
幅広いラインナップで人気を集めている名ブランドです。 

今回選ばれたのは1824年に創業し、
200年に迫る歴史を誇るスペイサイドの老舗、
ミルトンダフ蒸留所で生み出された原酒。


但しそれはミルトンダフの名を記さず、
知る人ぞ知る「モストウィー」として世に届けられます。
ミルトンダフ蒸留所内に1964年~1981年という
限られた時代のみ存在していた
ローモンドスティル
蒸留された原酒のみが許される特別な名前でもあります。
それはミルトンダフとも異なるキャラクターを持ち、
ローモンドスティルが撤去されてしまった今となっては
閉鎖蒸留所同様にまさに失われゆく味わいなのです。


業界全体が不況期に突入する1980年代間際の
1979ヴィンテージ原酒は37年の眠りを経てのボトリング。
現在ではシグナトリー社以外でのニューリリースを
見かける機会はほとんどないながら、
LMDWなどの有力ブランドにも採用された
実力あるスペックでもあります。

『老舗蒸留所の長い歴史の中で、
僅かな時間のみ生み出されたモストウィー。
ローモンドスティルが紡ぎだした失われゆく味わいを
ぜひミルトンダフと共にご堪能下さい。』


---Tasting Note ---
【香り】バタークッキー、フルーツパフェ、熟した柑橘フルーツ、
ライチ、ドラゴンフルーツ、バブルガム、甘いロウソク、
徐々にハーブやアニス、レモングラス、奥から伽羅の香り。
【味わい】口に含むと、バナナ、パイナップル、グアヴァ、パパイヤ、
マシュマロからレモンチェッロ、リコリス、ユーカリのお菓子に変化、
徐々にシナモンやナツメグのスパイス。
【フィニッシュ】フィニッシュはメンソールの煙草、ココナッツ、ピスタチオ。
鼻に抜けるマンゴーやパッションフルーツ。
【コメント】往年のローランドモルトを彷彿させる味わいは
幻となったモストウィーならでは。
(Tasted by  弊社スピリッツバイヤー 北梶)
---------------------------------


おかげさまでこちらは既に
信濃屋実店舗では
ご予約完売御礼!

の状況となっております。
(当店でのご予約が
”最後の機会”となりますのでぜひお見逃しなく!!)
---------------------------------

「こちらのネット上のご予約受付を 
SHINANOYA NET SHOP にて
"近日中"に開始
致します!」

こちらの詳細につきましては、
『近日中に本ブログにて
最終ご案内致します!』


なお、事前にお電話・メール等で
お問い合わせ頂きましても
ネット店では承ることはできませんので、

あらかじめご了承ください。
=================================

それでは今回のブログはここまで。

みなさまの"酔い"夜をお祈りして♪
=================================

『オリジナルボトルのご紹介♪』

【限定公開】
-SHINANOYA NET SHOP 5TH ANNIVERSARY-
『本土系ピーテッド原酒の真価』

Yagyu bottle
=================================

『プライベートボトルのご紹介♪』

257本限定発売
限定の復刻ラベルからシングルカスク第6弾!

ベッシー・ウィリアムソン女史の偉業。
CC_williamson

ELIXIR DISTILLERS X SHINANOYA 1st.
The grilled vegetables
on the barbecue.


=================================

『注目商品のご紹介!』


SHINANOYA NET SHOPXサントリー
キャンペーン企画

hakushu tour

富士御殿場蒸留所の新たな軌跡

=================================

『お買い回りはこちらからどうぞ↓↓↓』

この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

SHINANOYA

ブログ内記事検索

  • 2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧

  • タグは未登録です。