【SHINANOYA SAKEDORI SHOP】

"SHINANOYA NET SHOP"(信濃屋ネットショップ)の新着情報やリリース予告など、 みなさまに役立つ情報を随時ご紹介していきます!

2018.05.17【商品紹介】

【SHINANOYA プライベートボトル新作リリース予告 May.2018 vol.2】ケイデンヘッド スモールバッチ インチマリン 1996

お世話になっております。
SHINANOYA NET SHOP
管理人の柳生です。
-------------------------------------------
本日のイブニングブログは
【プライベートボトル新作リリース予告
でお届けします♪
-------------------------------------------

いよいよ残りも僅かとなってきた
信濃屋プライベートボトリングからカルヴァドス第14弾
最良の環境、厳選の中期熟成。

に続く、今月のプライベートボトリング2本目!

スコットランドの老舗ボトラーが有するストックより、
弊社スピリッツバイヤー北梶と
盟友のゼネラルマネージャーが選び抜いた
信濃屋プライベートボトルでも初採用となる原酒の
新たな魅力をお届けします!

『それでは参りましょう↓↓↓』

最古のボトラー・ケイデンヘッドから
SHINANOYAプライベートボトリング第8弾!

The phantom of Littlemill.

CADENHEAD SMALL BATCH
SINGLE CASK/CASK STRENGTH

INCHMURRIN [1996] 20yo
BOURBON H/H #4577

FOR Shinanoya 
700ml/53.1%vol./excl tax 11,990yen

(上記価格は税抜きです。税込み・incl tax \12,949-)
 

ケイデンヘッドは1842年創業という長い伝統を持つ、
スコットランド最古のインディペンデント・ボトラー。
100年以上の創業家による経営を経て、
1972年、スプリングバンク蒸留所を所有する
J&Aミッチェル社に経営が引き継がれました。

2017年で175年を超えた長い歴史のなかで
築き上げられた各蒸留所とのコネクション

磨かれた目利きによる品質の高さは
他のボトラーブランドの追随を許しません。

数々の伝説的なボトルを送り出してきた
マーク・ワット氏がGMとして
175周年アニバーサリーボトリングなど
伝統に基づいた豊富なストックを生かした
話題のリリースを発信することで、
既にその一挙手一投足から目が離せない
ボトラー業界で最も注目すべきブランドです。



弊社とのジョイントボトリングでは
これまでの7本もいずれも
多くのご支持を頂いてきました。
しかしながら、近年では世界市場における
同社の人気の上昇ぶりを背景に、
プライベートボトルへの原酒供給は制限され、
リリースの際も世界各国の
ケイデンヘッドショップでシェア販売されるため、
お届けできる本数が限られる貴重な存在となります。

そうしたなかで、北梶とマークが現地で選び抜いたのは

ロッホローモンド蒸留所で生み出される
インチマリンからの20年熟成原酒。

ロッホローモンド蒸留所は
ハイランドとローランドの境界に位置しており、
元来、人気閉鎖蒸留所・リトルミルの第2蒸留所として
建設された興味深い経緯を持ち合わせています。

独立経営の元で興味深い原酒造りを行っており、
その最大の特徴は異なる構造を持つ蒸留器を駆使して、
モルトとグレーン合わせて8種類もの原酒を作り上げています。




今回選ばれたインチマリン原酒は
特殊なデザインのスチルで蒸留されるシングルモルト。
その形はローモンドスチルと類似していますが、
内部のプレートの数が非常に多く、
より効果的かつ柔軟に多様なフレーバーを生み出すことが可能で、
フルーティーフレーバーの強い特徴的なモルトとなります。


その味わいにはローランドを彷彿とさせるものがあり、
リトルミルの系譜を感じさせるボトル達が
少なからず輩出されてきました。
中熟の旬とも言える20年の節目を迎えた今回の原酒では
そのキャラクターが確かに見出されており、
今失われ行く貴重な味わいを今に伝えることができ、
インチマリンの今後に向けた高いポテンシャルが秘められています。

また、20年レンジのハイランドモルトとしては
破格と言っても過言ではないプライスレンジで
ご用意することができました。

『老舗ボトラーが育んだローランドの系譜、
リトルミルの片鱗を帯びた注目の味わいをぜひご堪能下さい!』

---Tasting Note ---
【香り】スイートコーン、茹でたトウモロコシ、
マッシュポテト、アーモンドオイル、
干草、奥から砂糖水やダンボール。
【味わい】口に含むと、レモンスカッシュ、グレープフルーツトニック、
ミントキャンディー、洋梨、桃の缶詰、徐々にジンジャーのスパイス。
【フィニッシュ】フィニッシュは程好く中程度、樹液、レモングラス、ホワイトペッパー。
【コメント】香りからは想像し辛いフルーツフレイバーに
閉鎖蒸留所リトルミルの幻影を感じる事ができる興味深い1本。
(Tasted by  弊社スピリッツバイヤー 北梶)
---------------------------------

なお、こちらは
信濃屋実店舗では
ご予約完売御礼!

の状況となっております。
当店でのご予約が最後の機会となりますので
ぜひお見逃しなく!!
---------------------------------

「こちらのネット上のご予約受付を 
SHINANOYA NET SHOP にて
"近日中"に開始
致します!」

こちらの詳細につきましては、
『本日中に本ブログにて
最終ご案内致します!』


なお、事前にお電話・メール等で
お問い合わせ頂きましても
ネット店では承ることはできませんので、

あらかじめご了承ください。
=================================

それでは今回のブログはここまで。

同時リリース予定!!
もう1本のスペシャルボトリングもぜひお見逃しなく!


みなさまの"酔い"夜をお祈りして♪
=================================


『プライベートボトルのご紹介♪』

A.D.RATTLAYからSHINANOYAプライベートボトリング
第9弾&第10弾2本同時リリース!

Exploration of Maturation...
ADR_Bunna

ADR_Pultoney

240本限定瓶詰 
THE BOW BAR × SHINANOYA がお届けするアルマニャック第4弾
The Spirit of Gascony.

=================================

『新店舗のご紹介♪』

=================================

『お買い回りはこちらからどうぞ↓↓↓』

この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

SHINANOYA

ブログ内記事検索

  • 2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧

  • タグは未登録です。